俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

待つ華や誘ふ瞼に風花す

作者 横山 敏浩  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

今の素直な気持ちを一句
添削箇所有れば教えて下さいませ。
華は桜🌸の事で、風花(かざはな)は雪のひとひらで晩冬の季語です。

最新の添削

「待つ華や誘ふ瞼に風花す」の批評

回答者 なおじい

横山敏浩さん、こんにちは。再訪です。先程は途中で失礼してすみませんでした。

提案句ですが、次のようなのが浮かびました。

・並木道見上ぐる頬に風花す

これは、何の並木道なのか、なぜ見上げたのか、その二点を読者にゆだねるという、非常に身勝手な提案です。
風花の時季に、並木を見上げて思うことは一つ、と私は思うのですが、自信はありません。
他の皆さんのもっといいご提案を待ちましょう!

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「待つ華や誘ふ瞼に風花す」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

横山敏浩さん、こんにちは。初めまして。
御句拝読しました。今の素直な気持ち、ということは、早く桜が咲かないかな、でも現実は雪がちらついているよ、というようなことでしょうか。それは私も同感です(笑)!

ただ俳句では、このような、気持ちとはうらはらに現実はこうだという状況を詠むのは結構難しいのですよ。なにしろ十七音しかありませんから。

御句、「待つ華や」、これは「花」としてしまうと桜を意味して風花と季重なりになるからということでしょうか。しかし逆に意味がわかりづらくなっている気がします。

次に「誘ふ瞼に」ですが、何が何を誘っているのかがわかりにくいです。
もしかしたら、瞼を閉じて頭の中に風花が?という意味かと思いましたが、それでは風花の季語が弱くなりますね、やはりこれは実際に瞼に風花が舞い降りてきたのでしょう。

すみませんが、ここで、あることの予約の時刻になりましたので、一旦失礼します。

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

川底の魚も昇る良夜かな

作者名 回答数 : 2

投稿日時:

年経てどこたつの役目変わらざり

作者名 豆柴 回答数 : 3

投稿日時:

名峰を下に置きたる雲の峰

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『待つ華や誘ふ瞼に風花す』 作者: 横山 敏浩
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ