俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

みちのくの海よみがえり山笑ふ

作者 竜子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

三陸の友人から和布を貰った。

最新の添削

「みちのくの海よみがえり山笑ふ」の批評

回答者 なおじい

竜子さん、こんにちは。
御句拝読しました。これは私は初読では、岩手や宮城、福島県の海(漁業)が震災前の状況に戻り、地域に活気が出てきた様子をお詠みかと思いました(本当は大変そうですけど…)。

しかし、ご自身のコメントを拝読して、あれ?もしかしたら違うかなと。

三陸海岸のワカメを食べたら、口の中いっぱいに海の香りがよみがえった。ああ美味しい、ということですか?

どちらにしても、みちのくの海と山をぶつけて、壮大なスケールの句で気持ちがいいと思いました。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「みちのくの海よみがえり山笑ふ」の批評

回答者 あらちゃん

句の評価:
★★★★★

竜子様こんにちは。
御句拝読しました。
コメントがなければ句意がつかめませんでした。
提案句です。

三陸の若布よろしき海蒼し

よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、あらちゃんさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

近き夏花粉の果てて開ける窓

作者名 佐渡 回答数 : 3

投稿日時:

日本勝つ一粒万倍の彼岸

作者名 こま爺 回答数 : 3

投稿日時:

海よりの風吹きたるやかき氷

作者名 葉月庵郁斗 回答数 : 9

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『みちのくの海よみがえり山笑ふ』 作者: 竜子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ