俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

寒き春背中に日浴び歩きたる

作者 博充  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

春といっても寒い中、散歩に出た時の事を詠みました。

最新の添削

「寒き春背中に日浴び歩きたる」の批評

回答者 なおじい

博充さん、こんにちは。
再訪です。
先ほど、「寒き春」はやめた方がいいようなことをお伝えしましたが、イサクさんのフォローによりますと、しっかりと季語として存在するとのこと。
それであれば無理やり「遅き春」や「春浅し」に変えることはありません。混乱させて大変失礼しました。

私は最近、疲れ気味で(笑)、鑑賞をミスってはイサクさんにフォローしてもらうことが続いています(イサクさん、この場をお借りして再度お礼申し上げます)。

つきましては、博充さんも、コメントをくださった方や他の方々に、コメントをしてみるといいですよ。
何かあれば今回のように他の方が色々教えてくださいます。それがここのいいところですから!

句の評価:
★★★★★

点数: 2

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「寒き春背中に日浴び歩きたる」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

えーと、「春浅し」「遅春」など別の季語の方が合うのでは?という話とは別で

「寒き春」という季語はありますよ、とフォローしておきます。

★春寒(はるさむ:初春の季語) 傍題:春寒し、寒き春 など

意味はせっかくなのでお調べください・・

点数: 2

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「寒き春背中に日浴び歩きたる」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

博充様 こんにちは
お世話になります。
まだまだ春と言っても風が冷たいですね。
それでも日差しは温かみを感じる日となりました。
提案句です。
語順を変えて
歩きゆく背なかは温し寒き春
よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

「寒き春背中に日浴び歩きたる」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

博光さん、こんにちは。
御句拝読しました。寒い日でも、お日様があたるところは暖かいですよね。

御句、「寒き冬」はご検討いただきたいです。「寒い」と「春」という二つの相反する季語が合わさっているというのもさることながら、これですと、「黒い白」みたいな言い方にもなってしまいますし、この春じゅうずっと寒いことになります。
博光さんのおっしゃりたいことはそうではないですね?「春なのにまだ」、とか「もうそろそろ暖かくなってくれても」、ということだと思います。
そういう時にはいい季語がありますよ。遅き春とか、春浅しとか。

・遅き春歩く背中に日を浴びて
・背に太陽浴びつつ歩く春浅し

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「寒き春背中に日浴び歩きたる」の批評

回答者 めい

句の評価:
★★★★★

博充さま。よろしくお願いします。
寒き春というのは、春というのに、まだ、寒いなあということですね。春浅きという言葉があります。
背中に日浴びだと、背中が丸まってる感じがあります。やはり、春なのだから、胸はって、歩きたいものです。
▪春浅き陽だまりの中歩きたる
気に言ってもらえたでしょうか?

また、宜しくお願いいたします。

点数: 0

添削のお礼として、めいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

五月雨は母の涙か親掛り

作者名 白南風 回答数 : 1

投稿日時:

梅雨の月静けさに露の世めくる

作者名 鳥越暁 回答数 : 7

投稿日時:

吾子の足もつれてぺたん秋の晴れ

作者名 晴峯旬草 回答数 : 5

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『寒き春背中に日浴び歩きたる』 作者: 博充
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ