俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

あと何年溢れるおもいでこの卵酒

作者 銀水  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

初めて投稿させていただきます。
あと何度冬が越せるのかといった感情を表現してみたかったのですが。

最新の添削

「あと何年溢れるおもいでこの卵酒」の批評

回答者 たけたけ

銀水様
「古日記」の句にコメントをくださって、ありがとうございます。竹内と申します(*^-^)
あえてダークな、どっぷりネガティブな句も味があっていいですね!
私は明るい句より、暗い句のほうがひかれてしまうのですが、自分で作るときは「少し切ない」ぐらいにしようと頑張っています(*^-^)
でも、あえてどっぷり暗い句も奥深くていいですね!
こちらの句は、「溢れる」を表現するためにあえて字余りにされているのかなと思いました。
また、銀水様の新しい俳句の世界を教えてください(*^-^)

点数: 0

添削のお礼として、たけたけさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

トラクター三台囲む芋煮会

作者名 よし造 回答数 : 10

投稿日時:

美麗たる銀の頂遠目より

作者名 のんき 回答数 : 1

投稿日時:

甘き梨感嘆上げる夫婦して

作者名 岸本義仁 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『あと何年溢れるおもいでこの卵酒』 作者: 銀水
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ