俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

裸木の枝越しの空色重し

作者 ささゆみ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

すっかり葉が散ってしまった木の向こうの空は低くて暗くて、もうじき雪が降ってくる兆しです。

最新の添削

「裸木の枝越しの空色重し」の批評

回答者 いなだはまち

唯我独善です。いつも添削ありがとうございます。空色重しですと、句の印象も重くなりそうな気がします。裸木の冬に耐える逞しさを詠んでみました。添削になりませんが、視点を変えると見えかたも変化すると思いますので、参考までに。句としての善悪は、わかりませんが(笑)
🔶裸木の覚悟や重き空に伸び
句意を大きく損ねていたらすみません。🙇

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「裸木の枝越しの空色重し」の批評

回答者 塩豆

お久しぶりです!
もちろん一読で風景を伝えることには成功していますし、類想句も見たことはある気はしましたが空の色を「重い」と言うところにはオリジナリティーを感じました。
そういった意味ではよい俳句ではないでしょうか。

気になった点は「枝越しの空」という表現がやや説明的であることです。また、「色」という言葉を除いて「重し重し」とリフレインをしてみるのも一つ良いのではと思いました。ベストな表現ではないかもしれませんが、

裸木のくり貫く空の重し重し

というのが私の提案です。

点数: 1

添削のお礼として、塩豆さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

落葉髪してコンビニへ地下鉄へ

作者名 イサク 回答数 : 16

投稿日時:

頂高し登山する義手の人

作者名 白南風 回答数 : 4

投稿日時:

銃弾の固きが奥歯鴨の鍋

作者名 伊勢史朗 回答数 : 7

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『裸木の枝越しの空色重し』 作者: ささゆみ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ