俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

さび色の線路の石や冬ざるる

作者 竜子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

高架下の線路の石がさび付いていた。

最新の添削

「さび色の線路の石や冬ざるる」の批評

回答者 ゲタ501

竜子さん、コメントへの返信ありがとうございます。
ゲタでございます。

季語が植物ではどうかとのことですが、植物ですと物と物を並べることになり句の焦点がぼやけますから、植物ではない方が私は好みです。
では何がということになりますけど、季語選択は句を作る上で肝心なところですので、ご本人が選ばないと意味がないと言いますか何と言いますか。

句歴は私も大して変わりません、私は3年になったばかりの若輩です。
竜子さんも技術的なことで気になったらどんなことでも指摘してください。
こちらは切磋琢磨の場と思いますので、そこはズバッと。
お互いがんばりましょう。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、ゲタ501さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「さび色の線路の石や冬ざるる」の批評

回答者 ゲタ501

句の評価:
★★★★★

竜子さん、おはようございます。
ゲタ501でございます。

御句を拝読しました。
線路の石に線路の錆が移っている様子でしょうか、その気づきが素敵ですね。

気になったことは、季語とその他12音の両方に寂しさ・寂寥感があることで、「距離の近さ」を感じることです。
これは個人的な好みも大いにありますが、もう少し離した方がもっとよかったかもしれないなと思います。
それと、線路の石は確か「バラスト」と言いませんでしたっけ(違ったらごめんなさい)、それを用いることで少し音数を稼げそうでもあります。
線路の石でいきたい場合も、石のままでいいか砂利の方がいいか、また語順はどうか(季語が先でさび色が下五の方がいいか)など推敲できそうに思いました。

それでは失礼いたします。

点数: 2

添削のお礼として、ゲタ501さんの俳句の感想を書いてください >>

「さび色の線路の石や冬ざるる」の批評

回答者 気まぐれ亭いるか

句の評価:
★★★★★

こんにちは
冬至湯句へのコメントありがとうございました
ご指摘いただいた二動詞でのもたつきや名詞止めでのすっきり感は確かにその通りですね
勉強になります!

本句拝読しました
上五、中七が季語の「冬ざれ」の荒れた感じ、寂寥感と響いてますね
さびの平仮名が少し気になりましたが佳い句だと感じました
このままいただきます

点数: 1

添削のお礼として、気まぐれ亭いるかさんの俳句の感想を書いてください >>

「さび色の線路の石や冬ざるる」の批評

回答者 堀籠美雪

句の評価:
★★★★★

竜子さま
冬ざるるのもの寂しい感じと、高架下の線路の石の錆びから冬のせつなさが引き出されて良い句ですね。竜子さまに教えて頂いた20週俳句入門少しづつ読み進めております。ありがとうございます。読むのが遅くて、まだまだ竜子さまには追いつけませんね、ご容赦を…。

点数: 1

添削のお礼として、堀籠美雪さんの俳句の感想を書いてください >>

「さび色の線路の石や冬ざるる」の批評

回答者 めい

句の評価:
★★★★★

竜子さま。いい句ですね。
情景が浮かんできます。
錆びた線路、冬ざるる、荒涼とした、物寂しさが、感じられ
て、なんともいえない。
この景色は、年老いた老人のようにもとれますね。
提案句を。

▪冬の雲線路の錆びの硬さなり

柔らかい雲と線路の錆びの硬さの対比を狙いました。
また、よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、めいさんの俳句の感想を書いてください >>

「さび色の線路の石や冬ざるる」の批評

回答者 秋恵

句の評価:
★★★★★

竜子さま、
コメント有り難うございます!
何時もの事ですが
何処かが抜けていて
本当にすみませんm(__)m
教えて頂いて感謝です!
今後共、よろしくお願い致します。

点数: 0

添削のお礼として、秋恵さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

遠来の客を迎えて春障子

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

スカートをめくる男子をしばいて蚊

作者名 幸福来々 回答数 : 1

投稿日時:

オリオンに我は生きると鬼の息

作者名 森本可南 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『さび色の線路の石や冬ざるる』 作者: 竜子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ