俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

くちばしを天へひと啼き息白し

作者 竜子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

鶴のひと啼き

最新の添削

「くちばしを天へひと啼き息白し」の批評

回答者 秋恵

竜子さま
添削有り難うございます!
やはり、師走は変でしたか、
しかし、この時期にこの天候、
「師走だと云うのに」…と
云いたかったので、、

鶴の雄々しい姿、
見たかったでーす!
素敵な句ですネ、
又、宜しくお願い致します。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、秋恵さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「くちばしを天へひと啼き息白し」の批評

回答者 あらちゃん

句の評価:
★★★★★

竜子様こんばんは。
お世話になっております。
上五中七の繋がりが文法的に少々微妙な感じがします。
北海道には鶴見台という丹頂鶴が見られる有名スポットがありますので、以下のように詠ませていただきました。

丹頂の天へひと啼き鶴見台

点数: 1

添削のお礼として、あらちゃんさんの俳句の感想を書いてください >>

「くちばしを天へひと啼き息白し」の批評

回答者 ちゃあき

句の評価:
★★★★★

竜子さん、拙句への御意見どうもありがとうございました。
「麦の芽」は思いつきませんでしたが、いいと思います。

御句。一読で鶴のことだと分りましたので、よく工夫されているなと思いました。鶴の息が白いんですよね。絵になる瞬間を切り取られていて上手いです。
またよろしくお願いします。
返信が遅れてしまいすみませんでした。

点数: 1

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

草笛を吹けて新任教師たり

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

畑にて実るトマトを丸齧り

作者名 回答数 : 2

投稿日時:

乙女椿白雪姫の髪飾り

作者名 かぬまっこ 回答数 : 6

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『くちばしを天へひと啼き息白し』 作者: 竜子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ