俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

焚き火の音吐露した声に応じけり

作者 慈雨  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

「焚き火の音(ね) 吐露した声に 応じけり」
焚き火の揺らめきを見ていると気持ちが高揚して、ポロっと本心を口走ったりします。その言葉に応じるように、パチパチと焚き火の音がする情景を詠んだ…つもりです。

最新の添削

「焚き火の音吐露した声に応じけり」の批評

回答者 竜子

慈雨様 こんにちは
お世話になります。
焚火と不思議な力よね。
炎のゆらめきが人の気持ちをそうさせるのかもしれません。
提案句です。
はからずも君へ本音の焚火かな
こんな感じはどうでしょうか?
よろしくお願いいたします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「焚き火の音吐露した声に応じけり」の批評

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

いいたい情景の気持ちはわかります。ですが、俳句としてみると中七以降が説明的かつ抽象的で、詩となりにくくなっていると思います。

愚直一つばちと焚火に爆ぜにけり

点数: 1

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

「焚き火の音吐露した声に応じけり」の批評

回答者 ケント

句の評価:
★★★★★

慈雨さんお早うございます。
松ヤニ句にコメントありがとうございました。
貴句の気持ち分かります。
焚火にはそんな力があるように思います。
でも人は実際には焚き火に向かって話し掛けはしませんよね。
そんな心境になるだけで。
また焚き火の音は季語に内包されていると思うので、、、
光景は夜のほうが合うと思います。

夜焚火や君には本音言えるかも

これで慈雨のいいたかった内容に少しは近いかなと思います。
よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、ケントさんの俳句の感想を書いてください >>

「焚き火の音吐露した声に応じけり」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

「吐露した声」の意味を察するのは難しいです。

応じけりは「ああ、応じてしまったよ!」要は「けり」は発見、詠嘆を表すのに使う切れ字ですが、その意図が今一つ汲み取れないですね。

ちょっと厳し目ですがご理解のほどを。

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

パトカーのランプ美し秋の雨

作者名 感じ 回答数 : 7

投稿日時:

猫の目の落ち着かぬ昼蕗の薹

作者名 藤井茂 回答数 : 1

投稿日時:

サイダーを飲めば噴き出る水柱

作者名 ちゃあき 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『焚き火の音吐露した声に応じけり』 作者: 慈雨
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ