俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

白菜の干されて芯の立ちにけり

作者 竜子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

干されても頑張る

最新の添削

「白菜の干されて芯の立ちにけり」の批評

回答者 つちや郷里

竜子さんこんにちは。
立冬の句へのコメント、添削ありがとうございます。
下五に「冬に入る」はスマホを落とした気分が出ていいですね。勉強になりました。

御句
季語「白菜」のことだけを描写した一物仕立ての句ですね。
観察力と描写力のいる難易度の高い技ですが、それに挑戦されたことに感服いたします。

さて、当サイトで私も何度か指摘を受けたことがありますが、「〇〇して△△する」という叙述は散文的になりやすいです。御句でしたら「干されて立つ」という叙述ですね。
あと、中七に「て」という助詞を置くのは要注意らしいです。無駄にゆったり感が出てしまいがちなので。と言っても御句の内容的にゆったり感を出しても問題はなさそうではありますが。

例えば、白菜がどこに干されているかを加えるのはどうでしょうか。
別の要素が入っていても、結果的に句が季語だけの描写になっているなら一物仕立てになるらしいです。
・『庭に干す白菜の芯すっと立つ』
・『ベランダに干す白菜の芯立ちて』

またよろしくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 2

添削のお礼として、つちや郷里さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

岳父笑む吾も相伴す柿羊羹

作者名 卯筒 回答数 : 1

投稿日時:

文机に明日出すたより春灯し

作者名 山口雀昭 回答数 : 2

投稿日時:

山茶花やククサに注ぐ珈琲店

作者名 広夢 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『白菜の干されて芯の立ちにけり』 作者: 竜子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ