俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

反すうの牛のすう頭秋のそら

作者 竜子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

食欲の秋牛たちも同じ

最新の添削

「反すうの牛のすう頭秋のそら」の批評

回答者 卓鐘

誤解があるといけないので。

ひらがながわざとらしいのではなくて、普通漢字で書くものを韻を強調するためにひらがなにしているのがわざとらしいです。

数頭を「すう頭」ってまずかかないですよね。「反すう」「はんすう」はまぁ書くでしょうけど。

句の評価:
★★★★★

点数: 2

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「反すうの牛のすう頭秋のそら」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

反芻は植物を消化し牛乳の元にもなる成分を作る、今や人間にとっても重要な行為とのこと。そこに発想を飛ばすやり方は、独創的な名句作りには欠かせないのかもしれません。ただ、この句の場合反すうで意図が伝わるかどうかですね。

反すうを漢字に「反芻」とするか分かりやすく「草噛み砕く」とするか迷うところです。
”牛たちの草噛み砕く秋の空”
”牛たちの草反芻の秋の空”

ご参考迄に。

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

「反すうの牛のすう頭秋のそら」の批評

回答者 感じ

句の評価:
★★★★★

再訪です。
反芻が、外見で分かる事、私の勉強不足でした。たしかに、口モグモグさせてますよねー。

さて、教示いだいた「あ、は、明るい。わ、は、暗い」。
参考にさせていただきます^_^。大変、いい感覚されてますよねー。詩人ランボーでは。母音Aは赤い、Oは黒、、と言う詩がありますが。
よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、感じさんの俳句の感想を書いてください >>

「反すうの牛のすう頭秋のそら」の批評

回答者 卓鐘

句の評価:
★★★★★

こんにちわ

俳句は音読して読みますから、わざわざ漢字を開いて強調しなくて大丈夫ですよ。むしろ開いてしまったらわざとらしいです。開くのは表記上の表現意図があるときで。本句の場合ただ読みにくくなってるかなぁと。

韻自体は反芻とみあってて良いと思うので表記だけ。

語順は変えた方が今の通りがスムーズかとおもいます。

数頭の牛のはんすう秋澄めり
(最後もすで韻を😅)

点数: 1

添削のお礼として、卓鐘さんの俳句の感想を書いてください >>

「反すうの牛のすう頭秋のそら」の批評

回答者 感じ

句の評価:
★★★★★

こんにちは😃お世話になります。
さて、御句。
「すう」で韻を踏もうと意図ですか。(違うとしても、私にはそう見えます)
個人の嗜好によると思いますが、率直に、あまりに意図が見え見えなのは、私は好みでなく。(完全に音遊びに徹しているものは、それはそれで滑稽味があるかと)
「作者がみている」牛が、反芻しているかは、「推量」するしかなく。

・数頭の牛反すうすべし秋の空
「べし」は「推量」の意。
よろしくお願いします。

点数: 0

添削のお礼として、感じさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

みんなの鍋残りのセロリ一発勝負

作者名 300 回答数 : 4

投稿日時:

いつになく夫の背丸し日向ぼこ

作者名 竜子 回答数 : 7

投稿日時:

誕生日オンライン会手巻き寿司

作者名 ハナノキ 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『反すうの牛のすう頭秋のそら』 作者: 竜子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ