俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

初めての紅引く娘髪飾り

作者 流れ星  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

初めての七五三を詠んでみました、分かりづらいかな?

最新の添削

「初めての紅引く娘髪飾り」の批評

回答者 なおじい

流れ星さん、こんにちは。
御句拝読しました。
これは、わかりますけど、季語は何ですか?

実は私、御句へのコメントに、「悪くないですが、七五三であればそのようにおっしゃったほうが光景が明確になりますよ」とか言おうと思って、よく見たら、あれ?これって季語は?と思いついた次第です。

「初めての紅」と言っても、卒業式、成人式、友だちの結婚式、ご本人の結婚式と色々考えられます。
ここはやはり、七五三は入れたほうがいいのでは。

・初めての紅引く娘七五三

思い切り類想になりますが。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

試歩の子の腰から崩れ夏の雲

作者名 たけたけ 回答数 : 5

投稿日時:

ひまわりは浄土へ向きて墓前かな

作者名 ぱいん 回答数 : 2

投稿日時:

秋の空靴裏の砂拭ききれず

作者名 青山貝 回答数 : 2

投稿日時:

要望:厳しくしてください

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『初めての紅引く娘髪飾り』 作者: 流れ星
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ