俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

草原の丸い青空鳥渡る

作者 竜子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

広い空を丸いと
類想?

最新の添削

「草原の丸い青空鳥渡る」の批評

回答者 なおじい

竜子さん、こんにちは。
拙句「日取り」にコメント有難うございました。全く、自然の生態は不思議です。

御句拝読しました。いい句で気になっていたのですが、提案句の決め手がわからず。

・草原の丸き青空鳥渡る
・草原の青空丸く鳥渡る

この二つが浮かんだのですが、いずれも、「丸い青空」というのがちょっと・・・などという漠然とした理由だったので、送れませんでした。

いま、突然、別の提案句を思いつきました。

・草原の円形の空鳥渡る

ちょっとオリジナリティ出ませんか?

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「草原の丸い青空鳥渡る」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。丸いという措辞に眼目がある句会ですね。それだけで十分感動が伝わる句です。漢字が多いので開いてやわらかさが出るかもしれません。
季語も鳥渡る、だと、青空(を)鳥が渡る。と散文的な叙述が気になるので、渡り鳥にするのもよいかも。

草原のまるいあをぞら渡り鳥

点数: 4

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「草原の丸い青空鳥渡る」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

草原の青い空が良いですね。普通に青い空というと月並みになるところをうまく表現されていると思います。

さて、老の話しはご明察の通りです。朝日天声人声に、老化の研究をしている東大小林教授の「いかに人らしく生きるかは、老後をどう過ごすかにかかってい」を紹介し、「ヒトは老いて人になる」と筆者が結んでいたのを引用しました。

実は、ひとはヒト、鱗雲は秋の空に訂正したいです。

よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

休日をどこもゆけずに火取虫

作者名 げばげば 回答数 : 13

投稿日時:

つややかに机を舐める卵酒

作者名 ゲタ501 回答数 : 16

投稿日時:

禿頭にそつと乗せたり冬帽子

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『草原の丸い青空鳥渡る』 作者: 竜子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ