俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

名月やもう一つポケットにある

作者 こま爺  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

スマホに撮り待ち受け画像にしています。

最新の添削

「名月やもう一つポケットにある」の批評

回答者 なおじい

こま爺さん、こんにちは。
御句拝読しました。
私が提案句を置かせてもらおうとしましたら、ケントさんが同じ提案句をすでに出していらっしゃいました。「名月をもうひとつ胸ポケットに」です。正確に言うと、私は、

・名月を胸ポケットにもうひとつ

でしたが、ほぼ同じと思ってコメントも提案句も控えました。

そして先ほど、こま爺さんのケントさんへのご返信を拝読しました。

「ポイントは視野は開く、主題を明確に」「上五をやで切るのは、主題は名月であって、副題としてもう一つとのポケットの月としたいわけです。をとつないでしまうと、主題が不明瞭になり、句の視野が狭隘になってしまいます。ご参考迄に」
とのことでした。

コメントに対してコメントをするのは、まして他の人のやり取りに横から割り込んでコメントするのはあまり好ましくないとは思いながら、同じ提案句を置こうとした者として、ちょっとお伝えさせてください。

御句、名月を主題にポケットの月を副題にというお気持ちはわかりますが、この句の価値は、「空にあって手の届かない、万人のものである名月を、私は実はこの胸ポケットに私有しているのだよ♡」という秘かな自慢、満足感だと思います。
これは名月と充分に並ぶ主題であると思います。すなわちこの句は主題が二つ並び立つ句なのだと思います。
そうなりますと「や」で切れを入れて空の月ばかり強調詠嘆するのはどうかと思ったわけです。
さらに付け加えますと、原句では、もう一つポケットに入っているのが何なのかわかりにくい点と、リズムが今一つであることが気になりました。

横から長々と失礼しました。よろしくお願いします。

句の評価:
★★★★★

点数: 3

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「名月やもう一つポケットにある」の批評

回答者 ケント

句の評価:
★★★★★

おはようございます。
サラッとしてて、良いと思います。動詞は1個ですが、それも無くしてみます。

名月をもうひとつ胸ポケットに

「名月や」より「名月を」とした方がこの句の場合良い気がしました。
よろしくお願いいたします。

点数: 2

添削のお礼として、ケントさんの俳句の感想を書いてください >>

「名月やもう一つポケットにある」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

こま爺様 こんにちは。
お世話になります。
ポケットにもう一つなんのことかとコメント読んでわかりました。
小林一茶の
名月を取ってくれろと泣く子かな
を連想して月を取ってポケットに入れたかと?
下手なのですが、勉強のために
もうひとつポケットに今日の月
失礼しました。

点数: 1

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

初恋はアルバムのなか卒業や

作者名 ワイス 回答数 : 5

投稿日時:

終電のドアに涙にかすみ草

作者名 丼上秋葵 回答数 : 7

投稿日時:

切り分けた西瓜の端を母が食べ

作者名 豆柴 回答数 : 7

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『名月やもう一つポケットにある』 作者: こま爺
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ