俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

満月の雲間に入りて影おぼろ

作者 岸本義仁  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

満月の周りに雲が流れて来て、影がおぼろになっている。

最新の添削

「満月の雲間に入りて影おぼろ」の批評

回答者 こま爺

こんばんは。

俳句はやはりプラス思考でと言わせてください。特に満月をお詠みになるのであれば。もちろん人の悲哀を読む句もあるでしょうけどその場合でもなにがしかの救いが感じられるのでは。上五中七が月とか光にウェイトがかかりすぎですので、嘘でも良い君の顔を。
”満月の雲より出でて君の顔”

よろしく。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「満月の雲間に入りて影おぼろ」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

岸本義仁様 こんにちは
お世話になります。
満月が雲間に入ってしまうのは残念ですよね。
私もよく失敗するのですが、満月(秋の季語)おぼろ(春の季語)です。
私は、このごろは気になる言葉を歳時記で調べるようにしてます。季語の勉強にもなりますし、歳時記に載っている例句を読むことも出来ますよ。
下手ですが提案句を
満月の雲にかかりて隠れん坊
幼い句になりました。ごめんなさい。
または
満月を雲はながれて隠しけり
どちらも平凡でしたね。
よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

エクセルを農日誌として立夏

作者名 鳥田政宗 回答数 : 0

投稿日時:

ジャガイモの花香る丘深呼吸

作者名 北あかり 回答数 : 4

投稿日時:

シャリシャリと梨食む二人老い支度

作者名 中村あつこ 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『満月の雲間に入りて影おぼろ』 作者: 岸本義仁
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ