俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

早起きし朝の蜘蛛見し吉兆や

作者 岸本義仁  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

早起きして、壁を見たら蜘蛛がいた。朝の蜘蛛は吉兆の印だという。

最新の添削

「早起きし朝の蜘蛛見し吉兆や」の批評

回答者 なおじい

岸本義仁さん、こんにちは。
御句拝読しました。
精力的なご投句に敬意を表します。
ただ、割と、日記俳句的なところがありますね。その日に感じたことや、気が付いたことを五七五で書き留めておくのはいいことだとは思いますが、それを俳句道場にご投句されますとメンバーはコメントをしようと思います。
掲句には、すでにケントさんが適切なコメントをなさっており、それに対する岸本さんの返信もすでにされているようで、いまさら遅いかもしれませんが、私もひと言だけ。

朝の蜘蛛は吉兆、これはおそらく江戸時代から言われていることでしょう。それだけではもう、添削の対象にもなりません。ですから私たちは、「そう言われているけど、本当にこんなことが!」とか、「そう言われているけど、逆にこんなだったよ」という取り合わせで自己表現するのがいいのかと思います。
前者はケントさんが好例を出していますので、私は後者の例を。

・トーストの焦げる匂ひや朝の蜘蛛

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「早起きし朝の蜘蛛見し吉兆や」の批評

回答者 ケント

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
頑張っておられますね。
貴句は、2句とも「ことわざ」を繰り返しているだけになっております。
また、早起きと朝は同じですね。目覚めからも朝が想像出来ます。
例えば、下手ですが、
朝の蜘蛛当選はがき届きをり
とかにすれば「ことわざ」を言うだけよりはいいと思います。
よろしくお願いいたします。

点数: 0

添削のお礼として、ケントさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

当直医けふの回診雪しぐれ

作者名 あらちゃん 回答数 : 4

投稿日時:

一房に一粒枝豆のけなげ

作者名 しゅうこう 回答数 : 2

投稿日時:

海沿いの夾竹桃の赤眼に染みて

作者名 秋恵 回答数 : 5

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『早起きし朝の蜘蛛見し吉兆や』 作者: 岸本義仁
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ