俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

鬼日差し秋が迷子のかくれんぼ

作者 流れ星  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

日差しが厳しい鬼の様な日差しと、かくれんぼの鬼を掛けて投句してみました。

最新の添削

「鬼日差し秋が迷子のかくれんぼ」の批評

回答者 なおじい

流れ星さん、こんにちは。
御句拝読しました。
光景は浮かぶような気がします。鬼のように強い(暑い)日差しの中をかくれんぼで遊ぶ。秋はどこへ行ってしまったのか?涼しくならない。迷子になっているのか?というような句意でしょうか?

気になりましたのは、「鬼日差し」という言葉が面白いと言えば面白いですがちょっと馴染まないことと、「秋」が季語だと思いますが、それが迷子になってここに現れていないことです。

提案句を二つ置かせていただきますのでちょっと見てみてください。

・かくれんぼ鬼は初秋の陽を浴びて
・鬼も子も残暑に遊ぶかくれんぼ

句の評価:
★★★★★

点数: 2

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

失神す歓喜の外は春嵐

作者名 めでかや 回答数 : 3

投稿日時:

稲穂揺れて焼け野原に立つ刀禰の影

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

稗付いてゐるふりふりのお洋服

作者名 塩豆 回答数 : 9

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『鬼日差し秋が迷子のかくれんぼ』 作者: 流れ星
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ