俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

終戦日御霊安らか風になり

作者 流れ星  投稿日

要望:褒めてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

亡くなった方々に御霊とは恐れ多いのですが、他に表現が見つかりませんでした、よろしくお願いします。

最新の添削

「終戦日御霊安らか風になり」の批評

回答者 気まぐれ亭いるか

こんにちは

御句、想いがストレートに伝わるのが良い点だと思います
ただ、「御霊→安らか」「風→なる」と少し窮屈なのが惜しいポイントかと思いました
より実体を描写できる「風」のほうはなおじいさんにご提案いただいていますので、私は御霊の方でチャレンジししてみます
 安らかに眠る御霊や終戦日

これからもよろしくお願いします

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、気まぐれ亭いるかさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「終戦日御霊安らか風になり」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

流れ星さん、こんにちは。
御句拝読しました。
他の方のところで話題になりましたが、こうした句にはコメントがしづらいのです。
何しろ、戦争で亡くなった幾万の方々のことですから、こちらも心してかからねばなりません(他の全てのご投句に真摯に取り組んでいますが、こうした句は特に)。

あまり何も申し上げませんが、ただ、掲句ですと、終戦日に御霊が安らかに風になった、というように読めますが、この終戦日とはいつのことでしょう?仮に、今年の今日(8月15日)だとしたら、それまでは80年近くは、安らかではなかった、というふうにも読めます。

ご冥福のためにも、ご成仏のためにも、もうすでに安らかにお眠りになっている、すでに風になっているというような句にしたいです。

・安らかな風吹き渡る終戦日

点数: 2

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

嵯峨野には無縁仏や春の雨

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

名前無き華の隣の桜かな

作者名 三角すい 回答数 : 4

投稿日時:

太陽と汗匂い立つ子の頭皮

作者名 たけたけ 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『終戦日御霊安らか風になり』 作者: 流れ星
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ