俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

ランタナの花色変える立秋や

作者 岸本義仁  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

花色を変えるのが特色のランタナ。
花色を変えたのは、立秋であった。

最新の添削

「ランタナの花色変える立秋や」の批評

回答者 なおじい

岸本義仁さん、こんにちは。
再訪です。
誤解のないように補足しますが、切れ字の「や」は場面転換の意味では下五に付くことはないと申し上げております。
下五に「や」の付く例句はあります。その意味をよくお考えいただければと思います。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「ランタナの花色変える立秋や」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

岸本義仁さん、こんにちは。
御句拝読しました。
ランタナは私もとても好きな花です。でも、色々な色の種類があるとは思っていましたが、色が変わるとは知りませんでした。勉強になりました。

御句、最後に「や」が添えられていますが、「や」は切れ字といって、上五又は中七の後に付いて、詠嘆や場面転換の役目をします。ただ、下五の場合は、もう終わりですから場面転換の意味では付くことがありません。末尾の詠嘆は「かな」が使われます。

ですので御句は、

・立秋や色変えるランタナの花

のような語順がいいのではと思われます。五七五でなく五五七、中七下五の句またがりですが。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「ランタナの花色変える立秋や」の批評

回答者 ケント

句の評価:
★★★★★

こんばんは。
さきの方が、懇切丁寧にコメントされておりますので補足になりますが、、、
下5に切れ字(や)は使えないのではなく、使い方が難しいと言うことです。
歳時記には、下座に(や)の付いた俳句いろいろ有りますので参考になります。
よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、ケントさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

敗戦の日の空を見よシュプレヒコール

作者名 女郎花 回答数 : 4

投稿日時:

向日葵や夜も昼間の顔持てり

作者名 よし造 回答数 : 2

投稿日時:

春禽の風を捉へて去りゆけり

作者名 久田しげき 回答数 : 6

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『ランタナの花色変える立秋や』 作者: 岸本義仁
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ