俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

七夕も忘れた頃に赤い紙

作者 渡 弘道  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

返句、批評添削お願い致します。

最新の添削

「七夕も忘れた頃に赤い紙」の批評

回答者 堀籠美雪

渡 弘道さま
冬の月の添削ありがとうございます。
内縁ということは、実際には結婚していない奥さまの事でしょうか?指輪を贈るのは、プロポーズでしょうか?

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、堀籠美雪さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「七夕も忘れた頃に赤い紙」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

季語の七夕に「も」と続けることで、付けたしのような印象です。それと「忘れた」とくるとさらに季語の鮮度が落ち、一体どの季節をお詠みになったのか、意図が不明です。

赤い紙は何かを暗示、それとも比喩ですかな。確かに俳句はすべてを語らず、読者に想像させるのもその技法の一つかと思いますが、想像がほとんど膨らまないですね。

少しは厳しめですが、よろしくお願いいたします。

点数: 3

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

「七夕も忘れた頃に赤い紙」の批評

回答者 ケント

句の評価:
★★★★★

お早うございます、
拙句、遠花火句の添削ありがとうございました。
踏切の音に合わせて~
いいと思います。
貴殿は、失礼ですがそれなりに
ご年輩の方とお見受けします。
俳句の内容が、過去を例示して
今の世相を嘆かれておられるのかなとも読めます。
間違いであればご容赦下さい。
本句、赤い紙は徴兵の赤紙のことだと読みました。
七夕が過ぎた頃に、召集令状が届いたのでしょうか。
いづれにしても、平和な世を願いたいものです。
よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、ケントさんの俳句の感想を書いてください >>

「七夕も忘れた頃に赤い紙」の批評

回答者 ケント

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
高きに登る句に、提案句ありがとうございました。
提案句の語順を入れ替え、
雲の海登り登りて九合目
とさせて頂きます。
よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、ケントさんの俳句の感想を書いてください >>

「七夕も忘れた頃に赤い紙」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

渡 弘道様 こんにちは。
初めましてよろしくお願いいたします。
拙句トマトのコメントありがとうございます。
蠅が見張るそんなことありそうですね。
ただ、蠅も夏の季語ですからあえてチャレンジですかね?
勉強になります。
よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

「七夕も忘れた頃に赤い紙」の批評

回答者 竜子

句の評価:
★★★★★

渡 弘道様 こんばんは。
お世話になります。
拙句廃線のコメントありがとうございます。
ご提案ありがとうございます。
勉強になります。
これからもご指導よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、竜子さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

釜揚げしらすにミクロンの海老二尾三尾

作者名 宮武桜子 回答数 : 5

投稿日時:

かなかなとつくつくと秋に入る

作者名 鳥越暁 回答数 : 4

投稿日時:

荒東風や黒土跳ねる青きもの

作者名 藤井茂 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『七夕も忘れた頃に赤い紙』 作者: 渡 弘道
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ