俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

向日葵や影を落とすはぼくの顔

作者 まるちゃん  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

切れ字の「や」の使い方があっているかどうか。また、影を落とすという表現の可否について知りたい。

最新の添削

「向日葵や影を落とすはぼくの顔」の批評

回答者 なおじい

まるちゃん、こんにちは。初めまして。
御句拝読しました。
「影を落とす」は悪くはないですが、この言葉はまれに「のちのちに悪い影響を与える」という意味もあります。今回は相手が向日葵だし、落とされるのが自分の顔だからいいですが、他の場合はご留意くださいね。

私は「や」と「ぼく」を使わず語順を変えてみました。

・吾の顔に向日葵影を落としをり

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「向日葵や影を落とすはぼくの顔」の批評

回答者 ちゃあき

句の評価:
★★★★★

まるちゃんさん、こんにちは。よろしくお願いします。
逆光の大きな向日葵を見上げているシーンが目に浮かびました。
「や」は文語表現になりますので「僕の顔」より「我の顔」になると思います。

提案句:向日葵や影の覆ひし我の顔

点数: 1

添削のお礼として、ちゃあきさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

曼珠沙華燃ゆと言ふより燻りぬ

作者名 知世 回答数 : 5

投稿日時:

退院の夜や寒卵甘く焼く

作者名 たけたけ 回答数 : 5

投稿日時:

九頭竜川どっしり沈む夏の雲

作者名 松本まゆみ 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『向日葵や影を落とすはぼくの顔』 作者: まるちゃん
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ