俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

炎天に汗と笑顔が輝いて

作者 ヨネクラ  投稿日

要望:褒めてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

照らされて輝くのは水面や石だけでなく、子供たちの汗と、汗と泥にまみれた笑顔がいちばん美しかったことに感銘を受けた句。

最新の添削

「炎天に汗と笑顔が輝いて」の批評

回答者 なおじい

ヨネクラさん、こんにちは。初めまして。
いきなり「照らされて輝くのは水面や石だけではなく…」と始まるご自身のコメントであれっと思ったのですが、数日前に他の方が「岩や水面が照らされて輝く」という句をご投稿になりました。そこからヒントを受けましたか?

さて御句拝読しました。先につちや海郷さんがおっしゃっている通り、俳句を詠もうとした動機がいいですね。それは句から伝わってきます。

私は、俳句とは、それをいかに誤解なく、また多くの人に伝えられるかだと思っていますが、これがまだ全然です。

まあ私はいいとして、
汗は冬でもかきますから、なかなか夏の季語だとは思えませんよね。

汗と言わなくても、どう考えてもこれは汗まみれだろうなと想像させることができればしめたものです。

・炎天に子ら泥んこの笑顔かな
・炎天や泥まみれなる子の笑顔

まだ「しめたもの」になってはいませんが、ご参考になれば幸甚です。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「炎天に汗と笑顔が輝いて」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

汗は削りましょう。理由はこ自分で考えてください。

中七は説明、笑顔が輝くは「東京は東に」と言っているような当たり前表現です。このような表現を避けるるよう先ず心がけて下さい。

汗と言わず汗を表す物すなわち情景としてきらりと表現してみました。

「炎天やかざす手に笑顔のきらり」
中七下五は合わせ12音の句股がりてす。

ご自分でも再度推薦いただければ幸いわいです。

点数: 0

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

「炎天に汗と笑顔が輝いて」の批評

回答者 つちや郷里

句の評価:
★★★★★

ヨネクラさんはじめまして。

御句ですが、夏の暑い日でも健気に遊ぶ子供を爽やかに詠んでいると思います。
俳句は描写が肝心なので、もっと情景が出るように工夫した方がいいです。

・『炎天や笑顔の子らの泥だらけ』
・『炎天や泥にまみれて笑う子ら』

次回も楽しみにしてます。

点数: 0

添削のお礼として、つちや郷里さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

子供らは停電にはしゃぐ春雷

作者名 回答数 : 1

投稿日時:

向日葵の身なり違いや顔同じ

作者名 胡 秋興 回答数 : 1

投稿日時:

つくばいの木立の影やすぐりの実

作者名 さつき 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『炎天に汗と笑顔が輝いて』 作者: ヨネクラ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ