俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

天敵のえらからによろり鰻逃げ

作者 めいしゅうの妻  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

鰻の天敵はドンコ。
ウナギは、一旦食べられたふりをして、ドンコのエラのスキマから逃げ出す。
小生も、そうしょうかなあ。

最新の添削

「天敵のえらからによろり鰻逃げ」の批評

回答者 春野ぷりん

おはようございます😊めいしゅうさん
いつもお世話になっています。
「雨音や」の句にコメント添削ありがとうございます。季語無しでした💦提案して頂いたように梅雨の季語をきちんと入れるべきだったと反省しています。雨が続いて湿気が高く人も猫もぐだっています(笑)めいしゅうさんもどうぞお身体に気をつけて!!梅雨を乗り越えましょうね😉
御句、面白いですね!!によろりで感触まで伝わってきそうです。そのままいただきー!!
私にはそんな世渡りできるかな~?うまいことできないかも~😅なんて
またよろしくお願いします😊

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、春野ぷりんさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

朝からの雨に日差や冬の虹

作者名 ちゃあき 回答数 : 1

投稿日時:

夕立や街の騒音洗ひ去る

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

夕焼くるかつて山姥ゐたあたり

作者名 東次郎 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『天敵のえらからによろり鰻逃げ』 作者: めいしゅうの妻
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ