俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

芋煮会イモを煮ながら懇親会

作者 ぽちっと  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

ふと俳句気分になり初投稿です。
芋煮会はテレビで知りました。
どうぞよろしくお願い致します。

最新の添削

「芋煮会イモを煮ながら懇親会」の批評

回答者 いなだはまち

唯我独善と申します。初めまして、どうぞよろしくお願いいたします。年齢に関係なく、ずっと楽しめるものです。また褒めてもらえると、病みつきになります。どんどん投句してくださいね。本句は、芋煮会=の説明ですので、ご自身の思いを季語に託すという気持ちでやられるといいかと思います。🙇

点数: 1

添削のお礼として、いなだはまちさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

葉越しの月待つに手持ちぶさたかな

作者名 久田しげき 回答数 : 3

投稿日時:

京旅館風呂に豪気な華人達

作者名 友也 回答数 : 0

投稿日時:

秋風の強く波頭は白き渦

作者名 大浦美津子 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『芋煮会イモを煮ながら懇親会』 作者: ぽちっと
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ