俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

ふと思う上から目線登山道

作者 めいしゅうの妻  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

この道場に来て、色んな人から教わり、色んな人と出会う事が出来ました。
たかが俳句、されど俳句。俳句の奥深さは、今の私には、それこそ何千メートルもの深海のようでもあります。少しばかり齧ったところで、小学校のプールの底くらいでしょうか。その自覚は持っているつもりです。
しかしながら、多少俳句がうまくて添削が上手でも、世の中全てを知りつくし、人生を達観しているとは限りません。まだまだ自分の知らないこと、人の機微の分からないこと、いっぱい有る筈です。私の一番嫌いな人間は、自分の狭い世界の中で、人が自分に靡いてくるからといってお山の大将きどりになり、いかにも利口ぶって人の事を見下す人です。そういう人には、【一度、自分の手で実際に蛸の塩もみをしてごらん。どんな感触がするか分かるから。】と言ってあげたいです。
私も含めて、もしふと振り返るのであれば、我が身ではないでしょうか。

最新の添削

「ふと思う上から目線登山道」の批評

回答者 佐渡

めいしゅうさん!おはようございます。
いつもお世話になっております。
郁斗と同じく気に障ったことがあれば言ってください。
人間は以外に自分の事が見えていないのかもしれません。
自戒いたします。
よろしくお願いいたします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「ふと思う上から目線登山道」の批評

回答者 葉月庵郁斗

句の評価:
★★★★★

登山句コメントありがとうございました
合わせて昨日までの私のコメントに
めいしゅう様のお気を悪くしてしまったので
あればお詫び申し上げます。
これからも忌憚のないご意見よろしくお願いします。

点数: 2

添削のお礼として、葉月庵郁斗さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

春雨の外を幾度も見る童

作者名 ささゆみ 回答数 : 3

投稿日時:

頂きや斜めに降りし春の雨

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

ごうごうと波は真白き四月尽

作者名 春野ぷりん 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『ふと思う上から目線登山道』 作者: めいしゅうの妻
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ