俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

汗流れにじむゴールへ放物線

作者 煉獄千寿郎  投稿日

要望:厳しくしてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

真夏の暑い体育館でのバスケの試合、ギリギリの攻防をむかえた終盤。
このスリーポイントシュートをキメたら逆転できると覚悟して思い切りボールを放りなげる。顔から流れる汗で、目指すゴールはかすみ、にじんで見えている…それでも念じる「キマれ!」と。

最新の添削

「汗流れにじむゴールへ放物線」の批評

回答者 なおじい

時透無一郎さん、こんにちは。初めまして。
御句拝読しました。
先にイサクさんがコメントを残していらっしゃいます。これはほぼ完全なのですが、そうなると後の出番がないので、重複承知で私もコメントさせていただきます。

御句、何かのスポーツを詠んだ句だとはわかりますが、それが何かはわかりませんでした。なぜなら汗をかいてゴールを狙い、放物線を描く(おそらくボールが)はいくつかあるからです。私はラグビーかなと思いました。

もちろん自分の好きなスポーツを思い浮かべればいいのですが、できれば作者の思ったものを思い浮かべてほしいですね。

・丸い輪へボールと汗の放物線
・汗と飛ぶスリーポイント放物線

バスケットボールを意識して作ってみましたがいかがでしょうか。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「汗流れにじむゴールへ放物線」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。はじめまして。
初心者さんですね。俳句の世界へようこそ。

私のコメントは若干厳しめなので、気になったらスルーしてください。

工夫はとても見られる句だと思います。
ぱっと読んで気になったのは、何のスポーツかわからなかったこと。サッカーかハンドボールと思ってました。バスケとわかる要素を少しだけ足した方が、受け取り手が映像を想像しやすくなると思います。

で、バスケの要素をわからせるための言葉を入れるために、どこかを削りたいので、句の中の無駄なところを探すわけですが、
この句の最大の弱点は、みっつの要素がバラバラに主張しあっている点だと思います。
「流れ」は汗のこと。「にじむ」は自分の視界のことorゴールの映像。「ゴールへ放物線」はボールのこと。
国語の授業で「一つの文章で主語が何度も入れ替わると、読む側がわかりにくい文章になる」というようなことを習っていると思いますが、そういう状況です。
たった十七音しかない俳句のテクニックとしては、「季語」+「もうひとつの要素」、というふたつくらいまでに収めた方がよいです。

たとえば
・汗の手の放つシュートの放物線
これで少なくとも「手で放ったシュートが放物線を描くスポーツ」というところまでは具体的になります。

あと追加で小うるさいことをひとつ。
スポーツで流す「汗」は季節にあまり関係がないので、本来は季語としては少し弱くなります。よほど俳句を追求しない限りはそこまで気にしなくてもよいですが。

点数: 3

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

水澄みて住吉三神の精神浮かぶ

作者名 おいちょ 回答数 : 0

投稿日時:

明易し忙しき音のミシン針

作者名 やす 回答数 : 2

投稿日時:

閏年天体揺らぎ葱ゆらり

作者名 こま爺 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『汗流れにじむゴールへ放物線』 作者: 煉獄千寿郎
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ