俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

唯我独善恋する俳句投稿句諸先輩のざわざわの件

作者 いなだはまち  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

唯我独善です。私の中での「四天王」の内、三人の方々より相次いでコメントを戴いたことは、誠に幸甚に存じます。🙇
告白は、、「は」です。季語は、中学生らしく「秋夕焼」です。こちらは、作者の思いとして譲れません(笑)。この句で、三連覇です!(大苦笑)
衣更は、「2センチ」の表現が、陳腐か否かしかありません。夏の句(夏の雨)の対句としてはありですが、推敲不足です。🙇
ハオニー様の期待を裏切る「君」を使ったことは、懺悔級の悔恨です。今後二度と「恋の俳句」で「君」を使わないことをお誓いします。🙇
これからもよろしくお願いいたします。

最新の添削

「唯我独善恋する俳句投稿句諸先輩のざわざわの件」の批評

回答者 ハオニー

「ここは譲れない」というところがあるのならば、それ以外のところを推敲すればいいのです
「カウントダウン」が推敲できるという意見があったならば、私はその通りだと思います

「君」を使わないなどと自分の選択肢を狭めると、ここぞというときを逃してしまいます
それよりは、「君」を使って傑作を詠む方がいい修業になると考えます
恋する俳句を見ましたが、「恋の俳句」という前提があって成り立っている句がけっこうありました
その前提がない状態で、「君」を使わずに恋の句と思わせるのは難しいものです

私は別の視点での意見を提供しているだけで、それが絶対の正解という意見ではありません
俳句を独学でやっているのなら、「こういう意見がやっぱり来た」と構えていられるようにしないと、ナーバスになります

点数: 1

添削のお礼として、ハオニーさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「唯我独善恋する俳句投稿句諸先輩のざわざわの件」の批評

回答者 腹井壮

俳句とスポーツ俳句は昨日投句を終えた腹胃壮です。
我々は唯我独善さんの師にあらず。最後は作者御自身に判断を委ねるしかありません。健闘を祈ります。

点数: 1

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

鶴作る二人の指先秋湿り

作者名 晴峯旬草 回答数 : 2

投稿日時:

鶺鴒も渡る横断歩道かな

作者名 ちゃあき 回答数 : 6

投稿日時:

我が町を貫ぬく道や雲の峰

作者名 卓鐘 回答数 : 7

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『唯我独善恋する俳句投稿句諸先輩のざわざわの件』 作者: いなだはまち
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ