俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

夕焼けて愛犬健太を思い出づ

作者 めいしゅうの妻  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

夕焼けの中を一緒に散歩した亡き愛犬の事がいつまでも忘れられません。

最新の添削

「夕焼けて愛犬健太を思い出づ」の批評

回答者 こま爺

めいしゅうさんこんにちは,

愛犬にまつわる具体的な所作を詠むのはいかがでしょうか。因みに、過去の事なので次のいづれかを使います。
1 助動詞「き」の連体形
「し」を使う
2 過去を詠嘆するか切れ字か「けり」を使う。

2は~したなあ、~したではいか、ですが、これがつかえそうです。

"夕焼けて愛犬健太とじゃれにけり

google「過去を詠む」、あるいは「切れ字けり」と検索すると、色々勉強することができます。おすすめ。

句の評価:
★★★★★

点数: 2

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「夕焼けて愛犬健太を思い出づ」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

めいしゅうさん!こんにちは
穿つなりは口語では「である」断定
穿つけりは口語では「だなぁ」詠嘆
詠嘆を選びました。
中七の「かな」は確か藤田湘子の20週俳句入門に書かれていたような記憶があります。中七で使った句もありますから、すべてダメと言うわけではないと思います。
御句
・夕焼けや今亡き犬とのべのみち
自分の思いを詠まず何かに託すのはどうでしょうか?
よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

「夕焼けて愛犬健太を思い出づ」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

めいしゅうさん!こんにちは!
再訪です。
穿つけり→穿ちけりに訂正です。
けりは活用語の連用形につながます。
よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

ひなあられぜんぶあたしのぶんだから

作者名 イサク 回答数 : 23

投稿日時:

冬温し鏡に街の床屋かな

作者名 こま爺 回答数 : 6

投稿日時:

立ち話庭のつつじの咲き具合

作者名 かぬまっこ 回答数 : 6

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『夕焼けて愛犬健太を思い出づ』 作者: めいしゅうの妻
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ