俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

緑濃く梅雨明けを待つ欅かな

作者 くまた  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

よろしくお願いします。

最新の添削

「緑濃く梅雨明けを待つ欅かな」の批評

回答者 佐渡

くまたさん!おはようございます。
いつもお世話になっております。
御句
くまたさんの気持ちを詠みかえていました。
提案句です。
・大けやきみどりゆたかや梅雨晴間
けやきの葉のしげりは夏を感じる。だけどまだ梅雨、はやく梅雨が明けて欲しいというくまたさんのお気持ちかと思いました。
よろしくお願いいたします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「緑濃く梅雨明けを待つ欅かな」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

くまたさん、こんにちは。初めまして。
御句拝読しました。さわやかな雰囲気の句ですね。

二点、気になりました。一点め、「梅雨明けを待つ」ということは、まだ「梅雨のさなか」ですね。それならそのように書いたほうが季語の本意が出ると思うのです。梅雨明けを待つでは梅雨を嫌っているみたいです。「梅雨明け」で、長くジトジトした季節が終わってスカッとした青空が広がるさまを詠むのはいいですが、梅雨の間はそのしっとりとしたムードを味わいたいと思うのです。

次に、やはり「梅雨明けを待つ」ですが、待つのは作者ではなく欅ということになっています。欅が梅雨明けを待っているという擬人化は面白いですが、動植物の考えはヒトにはわからないので、「〜のよう」とか「〜のごとく」というような比喩ならいいと思うのですが、相手の気持ちを語る「擬人化」は難しいです。

・梅雨さなか緑色濃き欅かな
・梅雨明けを待つかのやうな欅かな

提案句のつもりで考えましたが、いずれも欅の句になってしまって季語が立っていませんね。

・緑濃き欅を照らす梅雨の明け
・梅雨明けや緑色濃き欅の木

これならいいかもしれません。色々と申し上げて失礼しました。よろしくお願いします。

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

梅雨晴やサインに三度首振って

作者名 つちや郷里 回答数 : 3

投稿日時:

のんびりと番の鴎冬の海

作者名 あらちゃん 回答数 : 8

投稿日時:

うつうつと妻のいねむり墜栗花雨

作者名 佐渡 回答数 : 8

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『緑濃く梅雨明けを待つ欅かな』 作者: くまた
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ