俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

雷よへそ返すから帰ってね

作者 めいしゅうの妻  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

雷=臍。類相ど真ん中を承知で敢えて挑戦。
民話で、昔昔、空から落ちてケガをした雷さんを和尚さんが助けてあげました。
雷はそのお礼に自分の臍を取って、和尚さんにあげました。
困った時にこれをだして祈ると願いが叶いますよ と言い残して。
後年、雨乞いのためこの臍を出して祈ると雨が降ったとさ。
だからこの臍と言うのは、人間の臍ではなく雷さんの臍だったのです。
ただ、一般的に見る雷さんのイラストでは、臍のないもの、臍のついているもの、色々ですけどね。
あくまで、民話と言うことです。

最新の添削

「雷よへそ返すから帰ってね」の批評

回答者 葉月庵郁斗

いつもありがとうございます
類想チャレンジいいですね~。
コメントを読まなければ
臍は雷が取りに来るもんじゃないの?
になりましたが
御句それはそれで
面白いですね

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、葉月庵郁斗さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

町の風消えて朧の三日月夜

作者名 ちゃあき 回答数 : 2

投稿日時:

輝ける君に比べて儚きよ月は陽をみて影を知るかな

作者名 オラ太郎 回答数 : 4

投稿日時:

秘境湖の秘密の道や渡り鳥

作者名 イサク 回答数 : 11

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『雷よへそ返すから帰ってね』 作者: めいしゅうの妻
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ