俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

こんな日は日がなごろごろ蝸牛

作者 めいしゅうの妻  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

この句、差替え願います。
ひがなと入力したつもりがひながと入力してしまい且つ変換までしてしまいました。
普通に、日がな一日 としたほうが良かったかも・・・

最新の添削

「こんな日は日がなごろごろ蝸牛」の批評

回答者 宮武桜子

こんにちは紫陽花の句にコメントありがとうございます。下五は確かに六音ですね。本当は間違っているのですが、割と一母音一音カウントで作ってます。調は壊れないので。

貴句、良いと思います。こんな日がどんな日か書いてないけど、最後の蝸牛でなんとなくわかるので良いと思います。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、宮武桜子さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

雲うすくうすく流れて春来る

作者名 コウ 回答数 : 1

投稿日時:

空回る純情な感情向日葵

作者名 鳥田政宗 回答数 : 1

投稿日時:

冬凪や朝日のにほいがする宿屋

作者名 坂本安居 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『こんな日は日がなごろごろ蝸牛』 作者: めいしゅうの妻
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ