俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

朝ぼらけ木戸開くる右手に寒露

作者 かぬまっこ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

この句の「右手に」の「に」は説明的でしょうか❔
だとしたら、どう直しますか❔

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「朝ぼらけ木戸開くる右手に寒露」の批評

回答者 素一

かぬまっこさんこんにちは!朝も明けるのがめっきりと遅くなりました。朝起きに辛くなる季節のとうらいですね。すっきりとした好きな句です。ですが、いいね!で点数入れる操作出来ませんので、試してみますが上手くいかない時は許してください。

点数: 1

添削のお礼として、素一さんの俳句の感想を書いてください >>

「朝ぼらけ木戸開くる右手に寒露」の批評

回答者 塩豆

いつもお世話になります。
なんだか久しぶりですね!
この俳句、敢えてこのようにしているのでなければ語順を替えて、

木戸開くる右手に寒露朝ぼらけ(あさぼらけ)

として句またがりを避けてみてはどうでしょうか。

点数: 1

添削のお礼として、塩豆さんの俳句の感想を書いてください >>

「朝ぼらけ木戸開くる右手に寒露」の批評

回答者 素一

最初は「小春日や徒然草を枕して」でしたが「と」は並列になりますね。ありがとうございました。又の、投句楽しみに待っています。

点数: 0

添削のお礼として、素一さんの俳句の感想を書いてください >>

「朝ぼらけ木戸開くる右手に寒露」の批評

回答者 東次郎

こんにちは、いつもお世話なっております
m(__)m
句またがりの破調ですね、右手にこだわらなければ、木戸を開けた外の寒露の朝ぼらけで風景描写になりますね

*木戸開ける路地に寒露の朝ぼらけ

すみません、少し個人的な好みになりましたm(__)m

点数: 0

添削のお礼として、東次郎さんの俳句の感想を書いてください >>

「朝ぼらけ木戸開くる右手に寒露」の批評

回答者 素一

おはようございます。添削は無理ですので、昨日のコメントでご容赦ください。かぬかまっこさんのご指摘の通りです。歳時記も見る事無くて投句した自分が恥ずかしいです。「傍題」には運動会何もありませんでした。何度失敗すればしっかりとするのか恥ずかしさを通り過ぎています。句になってはいませんが、「地区総出六十余人の運動会」で気持ちをおくみください。いつもコメント感謝しています。

点数: 0

添削のお礼として、素一さんの俳句の感想を書いてください >>

朝ぼらけ木戸開くる右手に寒露の批評

回答者 三日酔いの防人

かぬまっこ様、こんにちは。この句は右手に着目させているので『に』は説明的ではないと思います。右手で寒露を感じた。手に着目しているので義手の方を詠んだのでしょうか?
私には右手『に』よりも木戸『開くる』が説明的であると感じました。
私でしたら
朝ぼらけ木戸の右手を喰む寒露
と致します。

点数: 0

添削のお礼として、三日酔いの防人さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

我もまた子見送るか冬の朝

作者名 菊花 回答数 : 5

投稿日時:

摩天楼桜咲いたよ風渡る

作者名 ダック 回答数 : 4

投稿日時:

要望:厳しくしてください

緑蔭に画布を据ゑたり遠伊吹

作者名 久田しげき 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『朝ぼらけ木戸開くる右手に寒露』 作者: かぬまっこ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ