俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

良縁を結びてめぐる暑き春

作者 教授の弟子  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

とあるキャラクターが俳句を詠むため、試しに私も詠んでみました。季節が巡ると言う意味と春の終わりに全国各地を巡るという意味ををかけています。是非、良し悪しや意味が伝わるか、改善点などありましたら教えていただきたいです。

最新の添削

「良縁を結びてめぐる暑き春」の批評

回答者 イサク

とりいそぎ・・>いるか様

「暑き春」は「春暑し」の傍題で、ひとつの季語です。
意味はシンプルに「春ですがもう暑さを感じる」という意味です。

なので季重なりはありません。大丈夫です>教授の弟子様

俳句をするキャラで「教授」・・・サルブラザーでしょうか?

とりいそぎここまで。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「良縁を結びてめぐる暑き春」の批評

回答者 鈴屋いるか

句の評価:
★★★★★

教授の弟子さん、はじめまして

とあるキャラクターが、、とあるので小説か何かでの作中句を考えてらっしゃるのですかね

まぁ、それはさておき御句ですが以下の点が気になりました
・「暑し」が夏の季語なので「春」と季重なりになっている
 一応主従はありそうなので良さそうな気もしますが、句としてみた時の「暑き」の必要性をあまり感じない
・「めぐる」がダブルミーニングとありますが表記上は「めぐる~春」と掛かりますし、他に全国を巡る旅?要素が薄いのでそちらが伝わりづらい
・全体的に視覚的イメージを持たない観念的な句なので句単体としての詩的要素がぼんやりしている
 #これは作中句としての位置づけによると思いますが
・季節の移ろいを詠うのであれば「行く春」「春の暮」などの季語を使ってもよいかも

 行く春や良縁巡る旅切符
 切符持ち春の泊りに巡る旅

俳句自体に興味を持たれましたらまたよろしくお願いします

点数: 1

添削のお礼として、鈴屋いるかさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

子は巣立ち部屋持て余し段飾り

作者名 ふり 回答数 : 4

投稿日時:

青嵐シャツ丸くして夫の背

作者名 しお胡椒 回答数 : 1

投稿日時:

要望:厳しくしてください

セツナイネ信濃に駆け足の冬が来る

作者名 田中喜美子 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『良縁を結びてめぐる暑き春』 作者: 教授の弟子
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ