俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

行く雁や日は山陰に傾けり

作者 さつき  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

あちこちを見ながら散歩していると、もう帰らなくてはいけない時間になっていました

最新の添削

「行く雁や日は山陰に傾けり」の批評

回答者 なおじい

さつきさん、こんにちは。
再訪です。
季語についてお詫びにきました。
私は、雁は秋の季語なので、行こうが帰ろうが秋の季語だと思い、出来るだけ今の季節を詠んだほうがいいとか申し上げました。
そうしたら、「行く雁」は春の季語なんですね。失礼しました。勉強不足で申し訳ありませんでした。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「行く雁や日は山陰に傾けり」の批評

回答者 たーとるQ

句の評価:
★★★★★

さつきさんお疲れ様です。
御句は「行く雁」が今の季節にそぐわないのは置いておいて、非常に卒がない句となっていますね。雁に合わせて日が落ちていくさまを綺麗に表現できていると思います。
この句のままでも良いですが、「山陰」は「さんいん」と同じ読みで少し紛らわしいので「山蔭」にするか「やまかげ」と開くのも違った雰囲気が出ていいかもしれません。
→行く雁や日は山蔭に傾けり
→行く雁や日はやまかげに傾けり

そしてさつきさんは基本の型は充分に会得してますので、近いうちに破調など攻めた句を見てみたいものです。(と、基本をろくすっぽ守らないたーとるが言います)

点数: 1

添削のお礼として、たーとるQさんの俳句の感想を書いてください >>

「行く雁や日は山陰に傾けり」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんばんは。

綺麗に収まっている句だと思います。
このまま出せばそこそこの評価はありそう。
強いて言えば「飛んでいる雁」と「夕景」のとりあわせが「ありきたり」と思われるかどうか、でしょうね。

ちなみに、
「行く雁」は「帰る雁」の傍題で春の季語なので、この季節で問題ありません。

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「行く雁や日は山陰に傾けり」の批評

回答者 なおじい

句の評価:
★★★★★

さつきさん、こんにちは。
御句拝読しました。なんだか、芭蕉とかみたいな句ですね。いいですねー。
他の方々からも出ていますが、出来れば今の季節の句の方が好ましいなぁと思います。決して、季節外れの句を投稿してはいけないなどというルールはありませんよ。念のため。

それと御句で気になりましたのは、「山陰」ですね。これはたーとるさんがおっしゃっていますが、私は最初、「さんいん」と読んで、「うわ、スケールの大きな句だな。中国山地を越えていくのか」と思いました。でもすぐに、「あ、やまかげか」とわかりましたけど。「山かげ」でもいいですかね。
あと、「日」はこれでいいですか?「陽」よりも?

・行く雁や陽は山間(やまあひ)に隠れけり
・行く雁や陽は山際(やまぎわ)を紅く染め

隠れてしまっては暗くなり過ぎかしら?

点数: 1

添削のお礼として、なおじいさんの俳句の感想を書いてください >>

「行く雁や日は山陰に傾けり」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。正調で素敵ですね。秋は夕暮れ、雁がふたつみつなど飛ぶ感じで、きれい。好きな句です。自然な発想の句会で、いただく句ではないでしょうか!

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

蟻地獄枯山水は縁の下

作者名 鳥越暁 回答数 : 2

投稿日時:

木香薔薇終えて黄色のカーペット

作者名 華子 回答数 : 2

投稿日時:

アアアアと薄氷の上叫びたし

作者名 めい 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『行く雁や日は山陰に傾けり』 作者: さつき
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ