俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

ラーメンのキッチンカーの葦簀かな

作者 鬼胡桃  投稿日

要望:厳しくしてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

お久しぶりです。
以前に水谷さんが季語[葦簀]を使った句を読んだ時、葦簀から句を発想できたので作りました。水谷さんの許可は得てます。
夏の時期になりますと北海道では至る街に人気ラーメン店のラーメンを出すキッチンカーを多く見かけます。
ある時、キッチンカーで作ったラーメンを食べるスペースに、日陰のスペースを作る為の立てかけ型の大きめの葦簀を、幾つもテーブルの隣に設置していた光景を見たので句にしました。
今回は私がよく使う切れ字[や]と尻から俳句のスタイルは封印し、代わりに切れ字[かな]を使うスタイルに挑戦しました。
ラーメンと葦簀で暑さと涼しさの対比を組み込みました。

最新の添削

「ラーメンのキッチンカーの葦簀かな」の批評

回答者 優子

タルンカッペ様
返信遅くなり、本当にすみません。昨日は孫たちと遊園地へ行きました🙏💦すだれは、趣きがあって、気持ちの良いものですね、目の付け所がいいですね、あまり良い添削が出来ずすみません、これからも活躍を、期待しています。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、優子さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「ラーメンのキッチンカーの葦簀かな」の批評

回答者 感じ

句の評価:
★★★★★

こんばんは🌇お世話になります
さて。御句。
「の」の、二連打が気になりました。
あまりにも「一気に読めてしまう気がします」
二番目の「の」は「に」とし、キッチンカーに葦簀が立てかけてある様を読者に意識させたらどうでしょうか。
・ラーメンのキッチンカーに葦簀かな
さて、私としては、「キッチンカー」と「葦簀」の「新旧の対比」を感じました。
追伸)あなた様の句歴は知りませんが、「季語の使用」については、原作者に逐一許可を得る必要はないです。「季語」は、俳人に限らず、万人が使用しても良いものですので。季語を越えて、似たような措辞を使って、似たような句(故意に)をつくるのはダメですが。結果的に、類想になる場合はよくありますが。
よろしくお願いします。

点数: 2

添削のお礼として、感じさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

別れ霜お願いだからもうやめて

作者名 三角すい 回答数 : 0

投稿日時:

打ちかけのメール保存し冬銀河

作者名 鳥田政宗 回答数 : 1

投稿日時:

一筆のごと雲走る秋の朝

作者名 コウ 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『ラーメンのキッチンカーの葦簀かな』 作者: 鬼胡桃
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ