俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

なゐ近し命の重さ春の眩暈

作者 金太郎  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

中々できない。季語が動く。 

最新の添削

「なゐ近し命の重さ春の眩暈」の批評

回答者 冬雲李

将来地震が来るのではないか、そんな不安から命のことを考えた句ではないか、と想像しました。
「命の重さ」という直接的な表現で七音使うのが少しもったいないと思いました。例えば七音で、なぜ「なゐ近し」と感じたかを説明できると思います。また、「地震」と「眩暈」の取り合わせは良いと思いますが、「春の眩暈」と来るのが、なぜ春のイメージなのか分からず、唐突な印象を受けました。

指摘事項: 字余り

句の評価:
★★★★★
★★

点数: 0

添削のお礼として、冬雲李さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

渦巻きの灰落ちたるや蚊の羽音

作者名 白井百合子 回答数 : 5

投稿日時:

ガラガラとシヤッター開ける冬の朝

作者名 翔子 回答数 : 2

投稿日時:

スカートとシート押さへる春嵐

作者名 なおじい 回答数 : 15

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『なゐ近し命の重さ春の眩暈』 作者: 金太郎
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ