俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

苦しみに耐へれずめざむ春の夢

作者 金太郎  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

現職時のいじめにあった夢でした。

最新の添削

「苦しみに耐へれずめざむ春の夢」の批評

回答者 イサク

おはようございます。

「春の夢」は「春眠」の際に見る夢です。
内容はさておき「春の季語」として機能させないと、俳句の季語として「春の夢」を使った意味が薄くなります。

という中で御句、
◆単なる「夢」で意味が通じるのですが、わざわざ季語の「春の夢」を使った意味が掴みにくいかもしれません。
◆この句は目覚めた後のシーンを描写しています。ので、下五「春の夜」「春の朝」とした方が通じそうですが、そこを敢えて「春の夢」とした説得力がもうひとつ欲しいところです。
◆上五中七と下五季語「春の夢」が近いのでごっちゃになっていますが、「めざむ」は終止形なので、中七の後で一旦切れており、
 【(何かの)苦しみに耐えられず目覚む/春の夢】
 という形に意味が切れていて、意味が通じにくくなっています。
◆「耐えれず」の「ら抜き言葉」も、できれば回避したいところ。

上五中七が「苦しみに耐えられず」で、説明しかしていません。ここに具体性が何もないのが季語「春の夢」を生かせない理由のひとつに見えます。
ので、具体性を入れたいです。コメントから措辞をお借りします。

・現職時のいじめも今朝の春の夢

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「苦しみに耐へれずめざむ春の夢」の批評

回答者 かぬまっこ

句の評価:
★★★★★

現職中、大変でしたね。
私も勤めていた頃の夢をみます。その夢は大体、仕事に追われたり終わらなかったりと苦しいものです。
季語「春の夢」は楽しい、悲しい、時にはあやしいとりとめのない夢の全てが春の夢である。心地よい寝心地が背後に感じられると歳時記にありました。
となると
御句の内容は春の夢という季語でない方がよいかも知れません。

点数: 0

添削のお礼として、かぬまっこさんの俳句の感想を書いてください >>

「苦しみに耐へれずめざむ春の夢」の批評

回答者 卯筒

句の評価:
★★★★★

春の夢というとどちらかと言うと明るい印象の季語ですが
嫌な夢もありますのでいいのではないでしょうか。
いじめ本当に嫌ですね。
経験があるのでわかります。
関西弁を使うという事だけでいじめられました

点数: 0

添削のお礼として、卯筒さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

桜餅葉は食べるのと聞く夫

作者名 森本可南 回答数 : 3

投稿日時:

鴛鴦火鍋や火焔まがひの唐辛子

作者名 三男 回答数 : 4

投稿日時:

夏空の夢の続きや明日の夢

作者名 ルート3 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『苦しみに耐へれずめざむ春の夢』 作者: 金太郎
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ