俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

シチューってすぐ焦げるよね春の暮

作者 広夢  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

鍋でホワイトシチューを温めています。シチューはちょっと気を抜くとすぐに焦げてしまいます。
妻との会話を詠みました。

最新の添削

「シチューってすぐ焦げるよね春の暮」の批評

回答者 宮武桜子

こんにちは

ほのぼのとしていい句ですね。
シチューは冬っぽいですが、すぐ焦げてしまうところがなんとなく春めいていると思います。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、宮武桜子さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「シチューってすぐ焦げるよね春の暮」の批評

回答者 つちや郷里

句の評価:
★★★★★

広夢さんこんにちは。

御句ですが、日常の会話の中から切り取って俳句にするのは大変素晴らしいことだと思います。
リアリティがありますし、季語選びも悪くないと思います。
私としては御句はこのままいただきたいですね。

と言いながら私も詠んでみました。
・「春の暮シチューなんだか焦げ臭い」
・「春の暮シチューこんなに焦げてんの」
・「初めてのシチューは焦げて春の宵」

次回も楽しみにしてます。

点数: 1

添削のお礼として、つちや郷里さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

白南風は又吹かん街崩るれど

作者名 塩豆 回答数 : 5

投稿日時:

送り盆宴おわりの風はらみ

作者名 鳥越暁 回答数 : 9

投稿日時:

秋の雲日々に薄れる手をふる君

作者名 森本可南 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『シチューってすぐ焦げるよね春の暮』 作者: 広夢
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ