俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

水引や表題ごとき赤と黒

作者 素一  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

水引草の茎の黒さと花の赤さのコントラストがあまりにも際立ってスタンダールの赤と黒の表題がすぐに浮かび上がりました。

最新の添削

「水引や表題ごとき赤と黒」の批評

回答者 腹井壮

千日草さん、おはようございます。コメントを拝見しました。再度と仰っておられましたので私が見落としているようです。再度詳しく質問して頂ければわかる範囲内でお答え致します。季語と季題の違いでしょうか?

点数: 0

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

その他の添削依頼

友の名を呟く良夜散歩道

作者名 根津C太 回答数 : 0

投稿日時:

百までと数へる吾子や干菜風呂

作者名 吉沢 雪 回答数 : 4

投稿日時:

要望:褒めてください

どこまでも新緑続くローカル線

作者名 素一 回答数 : 4

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『水引や表題ごとき赤と黒』 作者: 素一
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ