俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

空揺れるパームボールや蝶の翅

作者 文室七星  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

野球ネタですので、読者が限られてしまいます。
それを承知で詠みました。
パームボールとは、親指と小指(あるいは薬指も小指に添えて)で振り下ろして抜くチェンジアップからの派生の変化球で、揺れながら落ちます。
手首の角度を体の外側に開くとカーブの軌道から揺れて落ちます。逆に手首を体側に向けると、シンカーの軌道で揺れて落ちます。
上五の「空揺れる」が中七の「パームボール」の性質と重複する気がします。
切れ字「や」を用いたのは、パームボールが緩い変化球なので、間を持たせたかったことと切り替えで、下五の「蝶の翅」を出すためです。
「蝶の翅」もふよふよととらえどころがないような動きをするので出しました。
全部重複している感もあります。
ご笑覧いただければ幸いです。

最新の添削

「空揺れるパームボールや蝶の翅」の批評

回答者 こま爺

再訪です。
「空を揺る」と他動詞にすることが良いのかも知れません。

いずれにせよ、私のコメントは発想が小さいようなので文室さんの行き方を踏襲してください。

失礼しました。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「空揺れるパームボールや蝶の翅」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

おはようございます。

そもそも俳句が難しい思ってしまう理由のひとつは言い過ぎると説明、かといって言わないと伝わらない。

それはそうとして、御句ですが、第一感、空、蝶、パームボールの関係性が分かりづらいと思います。私なりに整理させてもらうと次のようかなと思います。

1 蝶が空に舞う。
2 蝶がパームボールのように揺れる。
このままで次のように添削しました。
”空に舞うパームボールや蝶の群れ

もしかして説明になったかも知れませんが、参考にしていただければ幸いです。

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

やうやうに林檎の芽吹く伊那の丘

作者名 久田しげき 回答数 : 1

投稿日時:

梅の花可愛い孫は夢の中

作者名 のり 回答数 : 0

投稿日時:

休田の桜一本見届けり

作者名 こま爺 回答数 : 6

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『空揺れるパームボールや蝶の翅』 作者: 文室七星
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ