俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

灰燼の伽藍に桜枝垂れけむ

作者 文室七星  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

このところ日本中世史関係の本を読んでいて、応仁・文明の乱後、京の寺院が灰燼に帰したことを思いを馳せ、さて桜はどうであったのだろうかと作っておりました。
中世なので枝垂れ桜だろうと見ています。そこで「枝垂れ(しだれ)」+過去推量の助動詞「けむ」にしました。
ただ、実景ではないので、句としては弱いのではないかと思っています。
このような俳句の作り方はありなのでしょうか。
よろしくお願いします。

最新の添削

「灰燼の伽藍に桜枝垂れけむ」の批評

回答者 こま爺

おはようございます。

過去を詠んだ俳句は結構ありますね。
いずれも季語に対しては実景のようです。
”こういうことがあったなあ”+”今桜が咲いている。”

https://www.haikukigoichiran.net/ku2335/2/

あくまでご参考までに。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「灰燼の伽藍に桜枝垂れけむ」の批評

回答者 感じ

句の評価:
★★★★★

こんばんは🌇いつもお世話になっております。
御句、なんなか荘厳な雰囲気が漂う句とおもいます。
分かりやすくするため、現代語で考えます。
「灰燼の伽藍に桜枝垂れたのだろう」
まず、この句を詠んだ時点で、作者の眼前には、いかなる「光景」が見えているのでしょうか。
「灰燼の伽藍」でしょうか。
まあ、私も初心者ゆえ、よくわかりませんが、「過去」における「現在形」で詠まれたらいかがでしょうか。
・灰燼の伽藍に桜枝垂れけり
・灰燼の伽藍に枝垂れ桜かな

調べたところ京都では、枝垂れ桜は、醍醐寺、が有名らしいですね。
また、応仁の乱で、醍醐寺も焼失したらしいです。
「灰燼の醍醐に枝垂れ桜かな」
これは提案句ではなく、私の趣味として、ですが。
よろしくお願いします。

点数: 3

添削のお礼として、感じさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

廃村のさびれるポスト月明かり

作者名 黒徹 回答数 : 1

投稿日時:

冬紅葉散りゆく先に能舞台

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

春風や陽華の中を一歩づつ

作者名 森本可南 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『灰燼の伽藍に桜枝垂れけむ』 作者: 文室七星
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ