俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

春の夕混ぜそばなのにふうふうと

作者 あかり  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

最近”混ぜそば”が好きで、よく食べに行くのですが、熱くないのについついお箸の麺を「ふうふう」してしまうんです。
季語が合っているかな。?という感じです…添削宜しくお願い致します。

最新の添削

「春の夕混ぜそばなのにふうふうと」の批評

回答者 こま爺

おはようございます。
混ぜそばを知らない人には、なのにで詠み手の思いを押し付けることになるかもしれませんね。
そもそもこの句の主題は何か。私は、そばならなんでもふうふうしてしまう、面白い仕ぐさだと思います。ということで、
”蕎麦前にまずふうふうや春の夕

よろしく。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「春の夕混ぜそばなのにふうふうと」の批評

回答者 感じ

句の評価:
★★★★★

こんばんは🌆
季語の可否はさておき。
中の「なのに」が、説明的というか冗長であると思います。(人によっては、散文的と指摘されるでしょう)
語順だけでも入れかえてはいかがでしょうか。(提案句ではありません)
・ふうふうと混ぜそばをふく春の夕
【「ふうふうと」とあるので「ふく」は不要です。
この点は今後とも気を付けて下さい。私もよい措辞が浮かびません。「ふうふうと」とくれば、ほぼ「吹く」となりますので。
あと、季語を上におく型だけでなく、下におく型もあるということも頭の片隅に置いておかれたら、と思います。
と書いて、提案句浮かびました。^_^
・春の夕箸の混ぜそばふうふうと
・ふうふうと箸の混ぜそば春の夕
(第一句は、基本型に近いですが、「夕」と「箸」の漢字の近さが気になるところではあります)
よろしくお願いします。

点数: 2

添削のお礼として、感じさんの俳句の感想を書いてください >>

「春の夕混ぜそばなのにふうふうと」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

あかりさん!おはようございます!
いつもお世話になっております。
面白い風景ですね。熱くもないそばをつい吹いてしまうことありそうです。
提案句です。
・混ぜ蕎麦をつい口すげむヒヤシンス
すげむはしぼむ口のまわりに皺がよる。息を吹くと口を尖らす動作を表現?分かりにくかも。
季語はごろ合わせ?
これが良いかは俳句1年生の私にはよくわかりませんが、先輩方の意見をきいてみたいですね。
諧謔的な俳句もあるかなと?
こんな少し滑稽な俳句もあります。
・着膨れてなんだかめんどりの気分  正木ゆう子
よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

雨上がる木の芽にひかり連なりぬ

作者名 よし造 回答数 : 2

投稿日時:

赤や白色とりどりに山笑ふ

作者名 翔子 回答数 : 1

投稿日時:

パイルダーオンと叫べよ冴ゆる街

作者名 イサク 回答数 : 16

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『春の夕混ぜそばなのにふうふうと』 作者: あかり
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ