俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

見返してなんだひとかや春の猫

作者 エイジちゃん  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

玄関先を行く猫に振り返りざまに睨まれました。
宜しくお願いいたします。

最新の添削

「見返してなんだひとかや春の猫」の批評

回答者 あかり

こんばんは
淹れたて珈琲の句への添削、春鳶を春の鳶とした方が良いことがわかりました。“ドリップ“と素直に書いた方がいいですね。ありがとうございました。

御句、猫に睨まれたと思わずに微笑ましい光景にしたいなと思います。

“出がけ際ウインク返す春の猫”

猫はもしかしたらエイジさんを見つめた後ウインクしていたかもしれませんね。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、あかりさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「見返してなんだひとかや春の猫」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
「や」は呼掛けまたは感動を表す切れ字です。
御句、ひとかとがっかりしたことを「や」で詠嘆することにになるので、適切な使い方ではないと思います。

ご参考までに。

点数: 1

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

菊石を床に据ゑたり夏座敷

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

落ちそうな枯葉残して日の暮るる

作者名 コウ 回答数 : 4

投稿日時:

鮮やかな赤の暑さやトマトかな

作者名 佐藤 篤 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『見返してなんだひとかや春の猫』 作者: エイジちゃん
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ