俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

百年後機械仕掛けの猫の恋

作者 穏やかな人生  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

お読み下さりありがとうございます。
つい最近句作を始めたばかりで手探りです。
題のイメージから飛躍したものを詠みたいと思い、生き物でなくなっても猫が発情期の動きをしていたら面白いと思いました。ディストピア感も込めてみたつもりです。
評を頂ければ幸いです。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

その他の添削依頼

黄水仙夢に入れたし香りかな

作者名 もんこ 回答数 : 5

投稿日時:

しずけさや闇夜はぜ舞う焚き火かな

作者名 よした 山月 回答数 : 3

投稿日時:

夢にみし記憶に残る蔦紅葉

作者名 田中喜美子 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『百年後機械仕掛けの猫の恋』 作者: 穏やかな人生
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ