俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

あと僅か手掌を透かす干大根

作者 春野ぷりん  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

地元の「干し大根」は薄く丸く切って干します。
大根なのに「干しかぶ」と言います。
とても薄いので手の平を透かすかのようです。
身欠きにしんと煮るとすごく美味しい!!
そんな干しかぶも残りあと僅かになってしまいました。
「干しかぶ」の言い方は地元特有なので、季語にもある「干大根」を選びました。

最新の添削

「あと僅か手掌を透かす干大根」の批評

回答者 佐渡

渡邊久美さん!
こんばんは!いつもお世話になっております。
御句の
新潟では干し大根を干しかぶというようですね。切干大根の大きいものみたいですね。家では切干大根料理をよく作りますよ。
俳人の宮坂静生さんは地方の季語があると本を書いています。
干しかぶは季語でも良いかな?
提案句です。
・なごりおし干しかぶの薄く透けにけり
よろしくお願いいたします。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「あと僅か手掌を透かす干大根」の批評

回答者 かこ

句の評価:
★★★★★

こんにちは😃

掌を透かす干しかぶあと僅か
*干しかぶ:干し大根の一種

という形に出来ないかなあ。地方の呼び方って貴重だから伝えたい気がする。読み手の背景も語るし。プロに使えるかどうか聞いてみたいですね。

点数: 1

添削のお礼として、かこさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

秋時雨西は光芒降り注ぎ

作者名 ささゆみ 回答数 : 3

投稿日時:

袋絵馬つる兵児帯や風薫る

作者名 げばげば 回答数 : 5

投稿日時:

花海堂雨に打たれる家の前

作者名 シゲ 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『あと僅か手掌を透かす干大根』 作者: 春野ぷりん
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ