俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

春病院の帰り小石片付け

作者 森本可南  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

前の句は、無季語でした。
作り直しました。
ご迷惑おかけしました。

最新の添削

「春病院の帰り小石片付け」の批評

回答者 葉月庵郁斗

窓開ける句コメントありがとうございました
葉月の俳号を使っている方がけっこういて
無理やり庵をつけたのでどちらでもいいですよ。提案句素敵です。気に入りました。
御句、春の季語が立ってるかな~
他の季節でも大丈夫な気もしますが…
話は変わりますが、森本さんも
剣道されてました?
前俳号で、遠い昔に垂れネームで見た記憶が
あります。
間違ってたらごめんなさい🙏

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、葉月庵郁斗さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「春病院の帰り小石片付け」の批評

回答者 佐渡

句の評価:
★★★★★

森本可南さん!こんばんは!
お気遣いいろいろありがとうございます。
郁斗さんの先輩なんですね。
御句
森本さんの優しい心遣いに敬意を表します。
提案句です。
・春の日や小石片付け出入り口
よろしくお願いいたします。

点数: 1

添削のお礼として、佐渡さんの俳句の感想を書いてください >>

「春病院の帰り小石片付け」の批評

回答者 ドキ子

句の評価:
★★★★★

桜貝の句と沈丁花の句の添削ありがとうございます。
桜貝の句の仮の住処という表現は、美しい桜貝はいつかは誰かに拾われるだろうと思って詠みました。
添削句はとても勉強になります。
揺蕩いながらという表現がとても良いと思います。

沈丁花の句は、沈丁花の香に妖艶なイメージを感じたので詠みました。
彷徨ふは迷いの園に導かれるというような意味を込めていました。まぁ、大袈裟ですが…。
共感していただき嬉しく思います!

御句の感想です。
心が優しい人ですね。
優しい句だと思います。
病気の小石拾ふ春の帰路
下手ですが、私も詠んでみました。
いつもありがとうございます。
またよろしくお願いしますm(_ _)m

点数: 0

添削のお礼として、ドキ子さんの俳句の感想を書いてください >>

「春病院の帰り小石片付け」の批評

回答者 ドキ子

句の評価:
★★★★★

ごめんなさいm(_ _)m
提案句の病気は病院の間違いです。
嫌な表現をしてしまい、申し訳ありません。
これからもよろしくお願いします。

点数: 0

添削のお礼として、ドキ子さんの俳句の感想を書いてください >>

「春病院の帰り小石片付け」の批評

回答者 感じ

句の評価:
★★★★★

こんばんは🌇
私へのメッセージ、ありがとうございます。
おっしゃってることに、全く同感します。
とくに、森本さまは「生涯をかけてまで、俳句に挑んでいる」「方の」俳人なのですね。
わたりました。
今後は、その事をしかと受け、コメントさしあげるようにします。
以後よろしくお願いします。

点数: 0

添削のお礼として、感じさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

デッサンの猫と目が合う春の宵

作者名 かこ 回答数 : 8

投稿日時:

字を覚え花鳥知り行く夜長かな

作者名 桜子 回答数 : 3

投稿日時:

霧に会い視界の先は小宇宙

作者名 素風 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『春病院の帰り小石片付け』 作者: 森本可南
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ