俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

真夜中に紅葉踏みわけ獅子の声

作者 黒徹  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

夜中に目が覚めた時、山の奥から足音と猪の声が聞こえる状況を句にしました。

最新の添削

丑三や手負いの猪の断末魔

回答者 三日酔いの防人

徹之様、お早うございます。静かなる山村の夜中、獣の声が聞こえてくる。風情のある状況ですね。それぞれの動物には鳴き声に特徴があります。
この句は、季語が少しもったいないと感じました。せっかくのシュチュエーションが、紅葉という季語を使うことで活かしきれていないと感じました。やはり鳴き声を猪と断定したのであれば、猪を季語に使うべきです。また真夜中という部分も推敲の余地があります。良いシュチュエーションですのでさらなる良句に期待しております。提案した句は夜中に聞いた恐怖感を現してみました。

点数: 2

添削のお礼として、三日酔いの防人さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

紅葉踏む影の吠えたる夜半かな

回答者 ハオニー

山の奥から足音や猪の物音が聞こえるとしたら、山と人の生活圏が近いところにお住まいということになりますね
果たして、その距離感は正しいのでしょうか

獅子の声で、ライオンの雄叫びが再生されるのが問題点です
紅葉でも銀杏でも桜でもなんとかなるのが気になります

問題点を解決する前に、不穏な句の基本の書き方をひとつ…
これで今回の問題点は直ります
わざと全貌を書かないで、読み手のいやーな想像を煽るんです

たとえば猪の声がした、とは書かない方法です
なぜ猪の声だと断言できるのか分からないなら、最初から猪を入れようとしなければいいという力技です

紅葉踏む影の吠えたる夜半かな

晩秋の季語「紅葉」を使うことで、吠えたのは猪かもしれないと想像できる可能性ができました

でも「鹿」が有力かもしれないですね…
理由は花札です

点数: 2

添削のお礼として、ハオニーさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

蝉しぐれ透けブラ避けて空仰ぐ

作者名 まちる 回答数 : 5

投稿日時:

旱雲船小さき見ゆ水平線

作者名 コウ 回答数 : 4

投稿日時:

バリウムの白きペンキや花曇

作者名 ふり 回答数 : 8

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『真夜中に紅葉踏みわけ獅子の声』 作者: 黒徹
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ