俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

秋の香や母の残した古書の染み

作者 たけたけ  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

ハオニー様、腹胃壮様、千日草様からのアドバイスを受けて直してみました。
難しい漢字ばかりでカッコつけているなぁと気付き、「母」にすることで「残した」も残し、「もしかしたら、亡くなっているのかな?」と想像できて、古書の独特の匂いも秋の香と漂ってくる柔らかい感じにしてみました。
皆様のおかげで力の抜けた、私らしい句になった気がします。
一度載せた句は直して載せても大丈夫なのかわからなくて、もしタブーでしたら申し訳ありません…。
本当にありがとうございました。

最新の添削

「秋の香や母の残した古書の染み」の批評

回答者 腹井壮

竹内あゆみさん、こんばんわ。いつもコメントありがとうございます。今回のほうが「や」で切って詠嘆した効果があると思います。俳句は基本的に十七音しか使え無いため「妣」は使う場面が多い漢字です。必要な時は遠慮せず使ったほうが宜しいかと思います。季語の変更については竹内あゆみさん御自身の想いがきちんと託されているのでしたら掲句のままで構わないでしょう。

点数: 1

添削のお礼として、腹井壮さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「秋の香や母の残した古書の染み」の批評

回答者 ハオニー

そのように、意見をもらいながら詰めていく方はいます
反対に、その句を捨てて違う句へチャレンジする方もいます
どちらがいいとか悪いとかはないですが、その句から何かを掴みとらなければ、絶対に実力は伸びません
無駄なことばかり繰り返していては、「学成り難し」です

難解な言葉を増やせば増やすほど、読み手を置いてけぼりにしてしまいます
おそらく、竹内様の作風は現状そういう感じではないでしょう

私はこの自然体の句はいい作品だと思っています
その句もセンスも大切にしてあげてください

点数: 2

添削のお礼として、ハオニーさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

海に来て魚に変わる子供かな

作者名 西村武瑠 回答数 : 1

投稿日時:

寒雀我の嘘吐き舌は何処

作者名 根津C太 回答数 : 1

投稿日時:

隙狙い像の糧盗る寒雀

作者名 そうり 回答数 : 1

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『秋の香や母の残した古書の染み』 作者: たけたけ
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ