俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

初午や信仰篤く古き店

作者 佐渡  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

今日は初午。信仰と初午近いかな?

最新の添削

「初午や信仰篤く古き店」の批評

回答者 げばげば

こんにちは。
いつも勉強させていただいています。

御句。みなさんのご指摘どおりで、
何を見て信仰があつく感じたのか、古く感じたのか。修飾するということと描写するということは違うと今日誰かがつぶやいてました。この辺りの匙加減がむずかしいですね。店がどんな店かの映像が立ち上がってくるには、「古き」はまだ見える。「信仰あつい」では見えてこないということなのでしょうか。むずかしいですよね。このあたり。私もいつも悩みます。

句の評価:
★★★★★

点数: 1

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「初午や信仰篤く古き店」の批評

回答者 イサク

句の評価:
★★★★★

こんにちは。

「信仰が篤い」が説明臭いですかね・・
「古い」も少し気になります。
定番の言い方をすれば、何を見て「信仰が篤い」と思ったのか、何を見て「古い」と思ったのか、という言い方になるでしょうか?

・初午や店の稲荷の札を替ふ
・戦中を語る店主や一の午

点数: 1

添削のお礼として、イサクさんの俳句の感想を書いてください >>

「初午や信仰篤く古き店」の批評

回答者 森本可南

句の評価:
★★★★★

初午やお稲荷さんを祀る店
このくらいの軽い明るい感じでいいのでは?
信仰篤いでは、読みては、え?何を、見て?理由は?と考えこんでしまいます。

これは、私のただの感想です。
当たってないかもしれません。

点数: 1

添削のお礼として、森本可南さんの俳句の感想を書いてください >>

「初午や信仰篤く古き店」の批評

回答者 伊勢史朗

句の評価:
★★★★★

どうもこんばんわ。既に他の方が色々指摘していますので私からは「三段切れ」になっていますとだけ申し上げます。どうか今宵も御健吟に。

点数: 0

添削のお礼として、伊勢史朗さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

うつそりと開く遮断機はつ仕事

作者名 げばげば 回答数 : 3

投稿日時:

冬凪の小磯の小貝突つかるる

作者名 負乗 回答数 : 4

投稿日時:

リハビリを元気にみせむ赤セーター

作者名 久田しげき 回答数 : 0

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『初午や信仰篤く古き店』 作者: 佐渡
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ