俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

春立つや色を纏ひて風の舞ふ

作者 イサク  投稿日

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

立春の句に凡人ワードを詰め込んでみたら季語「風光る」の説明っぽくなりました。
動詞がいっぱい。

節分の翌日なので立春となりました。世の中季語だらけ。

最新の添削

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「春立つや色を纏ひて風の舞ふ」の批評

回答者 げばげば

句の評価:
★★★★★

再訪です!
木の芽煮ありがとうございます💫ここで既出にしてる時点でダメ句かなあと思いつつ。天狗の類想を突き抜けなかっただけでなく、映像がゆるいんだなあ。実景ゆえの自分は見えてるのに届けられてないという失敗。やはりここに挙げるといろいろ見えて助かります。

次の潮も卒業証書も難しいなあ。卒業証書は珍しく傍題だし、この七音しばり、どこにおこうか。

いつもありがとうございます♪

点数: 0

添削のお礼として、げばげばさんの俳句の感想を書いてください >>

「春立つや色を纏ひて風の舞ふ」の批評

回答者 智泉 由紀子

句の評価:
★★★★★

添削ありがとうございます。
凡人に迄到達してないので、凡人になる前にこの様な句はダメと教えて頂き勉強になります。
今回の冬うらら、はじめは冬晴れでしたが、投句直前に変えました。
あまり考え過ぎす素直に詠みたいと思いました。
今後もよろしくお願いします。

点数: 0

添削のお礼として、智泉 由紀子さんの俳句の感想を書いてください >>

「春立つや色を纏ひて風の舞ふ」の批評

回答者 エイジちゃん

句の評価:
★★★★★

こんばんは。
 雨水の句のご指摘、ありがとうございます。
 季語「雨水」の本意を間違えました。
 てっきり、雪は雨になって降っている解釈してしまいました。
 お恥ずかしいかぎりです。
 これで季語「雨水」は、一生忘れない思い出になると思います。
 よろしくお願いいたします。

点数: 0

添削のお礼として、エイジちゃんさんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

増す陽気おむつ卒業パンツの夜

作者名 みつかづ 回答数 : 9

投稿日時:

外人も嬉々として入る炬燵かな

作者名 なおじい 回答数 : 11

投稿日時:

虎跑泉の茶館で嗜む龍井茶

作者名 友也 回答数 : 3

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『春立つや色を纏ひて風の舞ふ』 作者: イサク
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ