俳句添削道場(投句と批評)

以下の俳句の添削・批評をお願いします!

彩りの落葉を閉じて蝉氷

作者 未知夫  投稿日

要望:厳しくしてください

コメント(俳句の意味。悩みどころ)

初心者です。落葉と蝉氷の冬季語の季重なりです。池の落葉が薄氷に閉じ込められて見える景です。落葉と氷は一体の景ですので、成立すると思うのですが、よろしいのでしょうか。ご指南ください。

最新の添削

「彩りの落葉を閉じて蝉氷」の批評

回答者 こま爺

松の内の訂正句が府に落ちました。ありがとうございます。
松の内の期間中なのか終わってからの話なのか、私の句ではぼやっとしてますね。訂正句だと「まだ神様は帰ってないのに、だんだん疎くなっているなあ」。良いですね。

句の評価:
★★★★★

点数: 0

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

添削一覧 点数の高い順に並んでいます。

「彩りの落葉を閉じて蝉氷」の批評

回答者 こま爺

句の評価:
★★★★★

はじめまして。

季重なりの前に「彩りの落ち葉」に意味の重複があります。彩りが季語を説明しているとも取れます。
因みに季重なりは必ずしも悪くはないという名人もいます。
さて、提案ですが彩りをカットしそこに周辺の情景を加えることはできないでしょうか。例えば「溜め池や落ち葉を閉じて蟬氷」

かく申す私も新人で、今勉強中です。
共に頑張りましょう。

点数: 0

添削のお礼として、こま爺さんの俳句の感想を書いてください >>

「彩りの落葉を閉じて蝉氷」の批評

回答者 宮武桜子

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
美しい光景ですね。
正直この季重なりが問題かどうかわからないです。でも、彩りの落葉が表現が重なっている感じはします。

蝉氷彩りの葉を閉じている

上五で蝉氷といって視線を下げて、すると落葉という必要がなくなるかなという気もします。

点数: 0

添削のお礼として、宮武桜子さんの俳句の感想を書いてください >>

「彩りの落葉を閉じて蝉氷」の批評

回答者 宮武桜子

句の評価:
★★★★★

こんにちは。
美しい光景ですね。
正直この季重なりが問題かどうかわからないです。でも、彩りの落葉が表現が重なっている感じはします。

蝉氷彩りの葉を閉じている

上五で蝉氷といって視線を下げて、すると落葉という必要がなくなるかなという気もします。

点数: 0

添削のお礼として、宮武桜子さんの俳句の感想を書いてください >>

その他の添削依頼

枝先の色ほんのりと木の芽吹く

作者名 ささゆみ 回答数 : 3

投稿日時:

馬の背に草籠積みて六日かな

作者名 イサク 回答数 : 2

投稿日時:

脳細胞勘違いする秋の朝

作者名 森本可南 回答数 : 2

投稿日時:

トップページへ
俳句を添削する!
添削対象の句『彩りの落葉を閉じて蝉氷』 作者: 未知夫
手直しした俳句は省略可能。批評、感想のみの投稿もOKです。

選択肢から簡単に良い感想が作れる!

さんの俳句

ました!

次回作も楽しみです。

俳句の評価
指摘事項(該当する項目にチェックを入れてください)

「私はロボットではありません」にチェックを入れてください。

優れた添削・批評は日本俳句研究会の記事として、転載、引用させていただく場合がございます。ご了承ください。

▼添削依頼された俳句の検索

▼添削と批評(返信)の検索

ページの先頭へ

俳句添削道場の使い方。お問い合わせ

関連コンテンツ